Site Feedback

作文:私の生きる道  よろしくね!

下面是我的一篇作文,在交给老师之前,希望大家能帮我看看。
それは私の作文です。先生に出す前に、直してくれませんか。よろしくお願いします!

                  これが私の生きる道

「光陰矢のごと」という諺のとおりに、知らないうちに、大学の生活はもう二年がたちました。

この二年を振り返ると、歓喜もあれば涙もありました。興味がある学生組織に参加して、違い学科の学生と友達になって、同じ夢を求めて、頑張りました。

どちらかというと、大学の始めの二年は、大体勉強して過ごしました。でも、三年生になった私にとって、将来の進路を考えなければなりません。

大学に入った時、四年後の自分にとって、就職と留学と研修、三つの道があるのを知っていました。電気や機械など、ほかの学科と違って、外国語を研修したら、教師や学者になるかもしれません。私は教師や学者になるつもりがありません。また、高校生から寮に住んでいた私にとって、両親に面倒をかけないで生活できるかもしれませんが、友達と家族を離れて、手を焼く困難を全部押し切れるかとうかわかりません。ですから、卒業してすぐ留学するのは私にとって、早すぎるかもしれません。

就職を決めました。それから、自分が「どんな仕事が好きですか。また、相応しい仕事は何ですか」という問題を考えます。私はずっと外国語の勉強が好きです。ただ、今 日本語学科の学生ですけど、ぜひ日系会社に入りたいという気持ちはありません。ITや電気のような専門知識が必要である仕事はおろうか、口がうまくないから、商売の仕事もできませんかもしれません。自分に相応しくて、好きな仕事は会計とHRの仕事です。実は、私の夢は欧米会社の日本市場に関するセクションで働くことです。日本語をも用いれますから。

夢を簡単に実現できなければこそ夢だと呼ばれます。夢は痴人のたかごとではなく、頑張れば、実現する可能性がある。どうやって合格的な人材になれるのか今までわかりませんが、後の一年間に、そういう問題を答えてみて、そしれ、人材になるように頑張ります。それはこの一年の私の生きがいです。あるいは私の生きる道です。

正しいかとうか、試しないと、わかりません。

Share:

Comments

面白いですよね!これからよろしくお願いします!

My japanese is not so good, but I can correct the english parts haha!!! みんなさんも全力でがんばってください!

貴方、すごいですわ。
何がコツがありますか?
教えてね!

iamSherryさん、すごいですね。とてもレベルが高いので、細かいところを指摘させてもらいます。

◇「光陰矢のごと」→「光陰矢のごとし」
◇違い学科の学生 → 違う学科の学生
◇手を焼く困難を全部押し切れるかとうかわかりません。→いろいろな困難を乗り越えられるかどうかわかりません。(「困難に手を焼く」なら良いですが、「手を焼く困難」はおかしいです。困難は「押し切る」のではなくて「乗り越える」を使うのが普通です)
◇「どんな仕事が好きですか。また相応しい仕事は何ですか」という問題を考えます。→「どんな仕事が好きか。また相応しい仕事は何か」という問題を考えます。(問いかけた内容を引用する場合は、です・ます形を使いません。特に自分で自分に問いかけた場合には「ですか」を使うのはおかしいです)
◇「仕事はおろうか」 → 「仕事はおろか」です。ただし「おろか」は文語なので、このような文章の中ではすこし不自然に聞こえます。「仕事はもちろん」のほうが普通です。
◇商売の仕事もできませんかもしれません。→ 商売の仕事もできないかも知れません。(このように二重構造の文章では内側の文章には、です・ます形を使いません。
◇日本語をも用いれますから → 日本語も用いることが出来ますから (「を」を「も」に変えます。「を」をそのまま残していると強調の意味になり、意味がくどくなります。
◇正しいかとうか、試しないと、わかりません。→ 正しいかどうか、試さないと、わかりません。

続編期待しています。がんばってください。

Add a comment