Site Feedback

日本語への礼

日本語という言語は依然としてまだ理解できてない言語だ。
かといって、完全に理解できることは望んでいない。

というのはこの素晴らしく、盛大な言語は私にとって、表現できないほど、大きな宝である。


いつになったら、お前は他のことを勉強するかと聞かれたところを、私は気付いた。

日本語が愛しているということに。


ただの言語じゃないかと過半数は思っているかもしれない。
手段として、日本語は役に立つが、日本語そのものに誰が興味を持っているかと。


私も元々言語に興味がなかった。
ちょっとでも言語の勉強を考えるだに、音をあげ、言語の腕をあげようではないかのような偉い向学心の考えは直ちに捨てられた。


でもある日、何かが変わった。
退屈で、何かをしょうと思っていた私は、簡単な日本語コースをし始めた。
どこから手に入れたかは覚えていない。

とはいえ、そのコースは奇跡の始まりだった。

二週間後、小林拳のキャンプをしたところへ、私の友達は日本語のとても楽しい教科書を貸してくれた。

読めば、読むほど、夢心地になった私だった。

他の言語ならいざ知らず、この面白い言語はずっと勉強できるんじゃないかと思った。

いつの間に、光一の興味になった。

斯くて、日本に行くことにした。



今は日本に住んでいないが、できるだけ早く、戻りたい。
文の流れ、言葉のぞれそれの味、文法のコツ、全ては一つの言語となり、耳にとって、最高の音楽である。

私の人生を変えてくださり、感謝の至りです。



Share:

 

5 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

     

    日本語へのお礼

     

    日本語という言語については依然としてまだ全てを理解できていない。
    かといって、全貌を理解できるようになるなんてことは望んでもいない。

    というのは、この素晴らしく、広大な言語世界は私にとって、言葉で表現できないほどの、大きな宝であるが故だ。

    いつになったら、お前は他のことを勉強するのかと聞かれたときに、私は気付いた。
    日本語を愛しているということに。

    ただの言語に過ぎないのではないかと、大多数の人は思うであろう。
    手段としての日本語は役に立つであろうが、日本語そのものに誰が興味を持つというのかと。

    私も元々は言語への興味はなかった。
    少しは言語でも勉強してみようなどと考えてはみても、すぐに音をあげ、

    言語の腕前をあげようなどという立派な向学心は、直ぐに霧散してしまっていた。

    でもある日、何かが変わった。
    退屈で、何かしてみようと思っていた私は、簡単な日本語コースの勉強を始めた。
    どこから手に入れたかは覚えていない。

    しかし、そのコースが奇跡の始まりだった。
    二週間後、少林寺拳法の合宿で、友達が日本語のとても楽しい教科書を貸してくれた。
    その本を読めば読むほど夢心地になった。
    他の言語のことはいざ知らず、この面白い言語ならずっと勉強できるんじゃないかという気がした。
    いつの間にか、日本語が一番興味のあるものとなっていた。

    こうして、日本に行くことになった。

     

    今は日本に住んでいないが、できるだけ早く戻りたいと願っている。
    文章の流れ、言葉の味わい、文法の妙味、全てが合わさり一つの言語となり、我が耳には至福の音楽となる。

    私の人生を変えてくださり、感謝の至りです。

     

    ※ すこし古いメモですが、面白いので書きなおしてみました。

    ちょっとでも言語の勉強を考えるだに、音をあげ、言語の腕をあげようではないかのような偉い向学心の考えは直ちに捨てられた。

    ちょっと言語の勉強を考えるだけでも音をあげて(or弱音をはいて)、語学力を上げようというような立派な向学心は、すぐに捨てていた。

     

     

    this is what you wanted to say, Ithink :-)


     

    いつになったら、お前は他のことを勉強するかと聞かれたところをときに、私は気付いた。


    ちょっとでも言語の勉強を考えるだに、音をあげ、言語の腕をあげようではないかのような偉い向学心の考えは直ちに捨てられた。

    言語の勉強をするたびに音を上げ、言語の腕をあげようというような向学心を持つことはなかった。

    では、意味合いが変わってきてしまうでしょうか?



    でもある日、何かが変わった。
    退屈で、何かをしうと思っていた私は、簡単な日本語コースを受け始めた。
    そのコースの情報を、どこから(orで)手に入れたかは覚えていない。


    他の言語ならいざ知らず(はともかく)、この面白い言語なら(orだったら)ずっと勉強できるんじゃないかと思った。

    「ならいざ知らず」という言葉は、少し批判的なことを言うときに使うような気がします。この文には適してないと思います。

    ex「子供ならいざ知らず、大学生がそんなことも知らないなんて。」とか

    10年前ならいざ知らず、最近ではそんな事を信じる人はいない。」とか

    いつの間に光一(?なんでしょう?ピカイチのこと?)の興味になった。

    いつの間にか、自分の一番の興味となった。でしょうか

    斯く、日本に行くことにしたとなった(orを決めた)

    「斯くして」・・・とても硬い言葉ですね。時代劇のようです。


    今は日本に住んでいないが、できるだけ早く、戻りたい「日本へ行きたい」ではなくて?

     

    *********************

     

    難しい表現をたくさんご存知ですね。すごい!

    日本語のどういうところを愛していらっしゃるのかとても興味があります。

     

    日本語への

    日本語という言語は依然としてまだ理解できてない言語だ。
    かといって、完全に理解できることは望んでいない。

    というのはこの素晴らしく、盛大な(?)偉大な言語は私にとって、表現できないほど、大きな宝である。 (I guess what you wanted to say is 偉大な.)



    いつになったら、お前は他のことを勉強するかと聞かれたところを、私は気付いた。

    日本語愛しているということに。

     



    ただの言語じゃないかと過半数多くの人 or みなさんは思っているかもしれない。 

    手段として、日本語は役に立つが、日本語そのものに誰が興味を持っているかと。


    私も元々言語に興味がなかった。
    ちょっとでも言語の勉強を考えるだに、音をあげ、言語の腕をあげようではないかのような偉い向学心の考えは直ちに捨てられた。 Sorry that I can't catch well.


    でもある日、何かが変わった。
    退屈で、何かをしょうと思っていた私は、簡単な日本語コースをし始めた始めた or 取り始めた 

    どこから手に入れた手をつけた or 始めたかは覚えていない。


    とはいえ、そのコースは奇跡の始まりだった。

    それから二週間後、小林拳のキャンプをしていところへときに、私の友達日本語のとても楽しい教科書を貸してくれた。 


    読めば、読むほど、夢心地になった私だった。

    他の言語ならいざ知らず、この面白い言語はずっと勉強できるんじゃないかと思った。

    いつの間に光一の興味になった。 I can't understand this part, sorry.

    斯くて、日本に行くことにした。



    今は日本に住んでいないが、できるだけ早く、戻りたい。
    文の流れ、言葉のぞれそれの味、文法のコツ、全ては一つの言語となり、耳にとって、最高の音楽である。

    私の人生を変えてくださり、感謝の至りです。

     

     

    日本語を好きになってくださってありがとう。

    あなたの表現はとても上手で詩のように素敵なので、うまく訂正できたかどうか不安です。

    Hope it helps you.



    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More