Site Feedback

不思議な時間

  中学生の時 私は「バスを乗る」ということが好きのは始まりました。
  バスで 私の都市を回るのが好きです。私の都市はただひとつ小さい都市。 始発ターミナルから终着ターミナルまで 1番バスで 大体40分ばかりかかります。昔 人は少なくて 車も少ないです。歩道の上で 走ってもいいですね。
  中学三年生の時 金曜日の午後は一コマだけで 授業した後友達と一緒に
バスで 都市を回りました。窓際の席が一番すきです。私たちは 一緒にしゃべって 笑って 楽しい時間を過ごすのは速いです。偶然 バスは震動があるんだ、「刺激的なこと」と思いました。どんな懐かしい時間です。その頃は 勉強を除いて 何も考えない。仕事とか どこに留めるとか 全部心配しないでした。可愛いらしい中学生でしたね。
  今更 中学生の時が知り合いの先輩 もうすぐ結婚させにする。私もあの時彼の年齢になった。高校生の時が知り合いの友達 最近も「私は彼とは5年の知り合いですね~)という言葉と言ってました。もう今 私は一人で バスで都市を回ります。同じ路線 同じ温かい日差し 風景は変わり続ける。私 一人だけです。
  毎度 休みの時 友達が揃って 小説と雑談かわりに 人生や未来の就業状態など厳粛なる話題を討論するんだ。
  時間は不思議なことね。時間につれて 都市も人も どんどん成長するんだ。
  私の都市は江西にいます。「龍虎山」という山は有名です。「水浒传」という小説はご存知ですか?まず山は龍虎山です。今たくさんの観光客があるから 経済も増長しています。新しい歩道橋が建てる。人と車が多になった。多分 この次実家に帰る時は 全然知らないかもしれません。
  「きっと一緒にいたい」と言ったの友達 今連絡がありません。私は 一人で西安という大都市に 大学に通っています。新しい友達がある。ちなみに
先日 高校を通りかかった。今高校を取り壊すんだ。何も残らない。
  なんかちょっと寂しいですよね。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More