Site Feedback

First notebook entry: Introducing myself

こんにちは。
はじめまして。あなたを歓迎します。僕はПавел「パブル」です。文献学と文学と言語学を大学で勉強しています。私の趣味は物語を書くことと、読書(僕が一番すきなのはナボコフさんが書いた本です)と映画を見る事です。私は日本語ができますけど、上手ではありません。しかし僕の英語は上手です。私はあなたにロシア語を教えることができます。新しい知人に出会う事はいつもうれしいです。いつでも新しい友人を歓迎します。どうぞよろしく。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    パーヴィエルさん、はじめまして。日本語とても上手なのでおどろきました。がんばってください。

    Павелを何回かロシア語できいてみましたが、上記の発音になるとおもいます。

     

    First notebook entry: Introducing myself (自己紹介)

    こんにちは。 はじめまして。

    あなたを歓迎します。これはWelcome to my profileといった意味ですか?ならば:私のプロフィールへようこそ。または、日本語だと、よろしくお願いします。のほうがいいですね。

     

    僕はПавел「パブル」です。文献学と文学と言語学を大学で勉強しています。

     

    私の趣味は物語{物語=Story.小説=Novel)を書くことと、読書(僕が一番すきなのはナボコフさん(日本では作家の名前はさんはつけません)が書いた本です)と映画を見る事です。

     

    私は日本語ができますけど、上手ではありません。しかしの英語は上手です。

     

    私はあなたにロシア語を教えることができます。

     

    新しい知人(知人=Means Acquaintance=someone you already know, so it is not new people)に出会う事はいつもうれしいことです。

    If you want to say: it is always nice to meet new people:

    新しい人々に出会えること/出会えるのはうれしい(こと)です。

    新しい人々に出会うことはうれしいことです。Would be also good.

     

    いつでも新しい友人を歓迎します。どうぞよろしく。

    New friends are always welcome=新しい友達はいつも歓迎です/を歓迎します。

    But we rather say:沢山友達をつくりたいので、よろしくお願いします。 

    Or:友達になりたい方はでいつでも[ご]連絡ください。よろしくお願いします。

    *There is a slight difference between友人Yuujin(A quite close friend)And友達(Both close and not very close friends)

     

    こんにちは。 はじめまして。あなたを歓迎します。

     

    if you would like to dare to say something like that,

    for example, あなたとあえてうれしいです。(= I am glad to see you)

     

    僕はПавел「パブル」です。文献学と文学と言語学を大学で勉強しています。

    私の趣味は物語を書くことと、読書(僕が一番すきなのはナボコフさんが書いた本です)と

    映画を見る事です。私日本語ができますけどはまだ、上手ではありません。

    しかし僕の英語について上手です問題ありません

    私はあなたにロシア語を教えることができます。

    新しい知人に出会う事はいつもうれしいです。

     

    新たな友人を得ることは私の喜びです。

    or 新たな友人ができたらうれしいです。

     

    いつでも新しい友人を歓迎します。どうぞよろしく。

     

    You should use either only "僕" or only "私".

     

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More