Site Feedback

Noc Kupały

 

今日私はちょっと「Noc Kupały」というスラヴの祭りについて書きたいです。
この祭りは夏至の夜のお祝いです。私の町では、「Wianki」と言います。
この夜、クラクフ人はヴィスワ川の川原に着いて集まって花火を見ます。そして、女子は花輪を作って、のを水に置きます。そうする、彼女たちはきっと早く結婚するそうです。
私は小さいころ、スラヴ神話の「シダの花」を探しました。
この花を探せば、人は金持ちになるそうです。
今年のNoc Kupałyを楽しみにしていますね。

Share:

 

4 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

     

    女子は花輪を作って、を水に置きます。-----> 「」は使えません。「花」を使ってください。

     

     

    若い女の子達は、いろんな色の花冠を編んで、花冠を川に流します。

    若い女の子達は、いろんな色の花冠を編んで、それを川に流します。---->「それ」でも良いです。

     

     

    若い(わかい)

    達(たち)

    花冠(はなかんむり)、または花の冠(はなのかんむり)

    編む(あむ)

    流す(ながす)

     

     

     

     

    KakiArisuさんが花冠を冠る(かぶる)ときれいでしょうね!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今日私はちょっと「Noc Kupały」というスラヴの祭りについて書きたいです。 

    ※文法的には問題ありませんが、「書きます」或いは「書きたいと思います」の方がより自然です。

     

    この夜、クラクフ人は…

    ※国名+人の場合は助詞「の」は必要ありませんが、都市名+人の場合は大抵「の」を使用します。例をあげると「日本人」「ポーランド人」、「東京の人」「ワルシャワの人」などです。もちろん「の」を使わなくても意味は通じますが、こちらの方が自然です。

     

    そして、女子は花輪を作って、を水に置きます。そうするそうすると、彼女たちはきっと早く結婚するそうです。

    ※この「の」が何を表したいのかよくわかりませんでした。

     

    今年のNoc Kupałyを楽しみにしています

     

    私の感想

    相変わらず大きな文法の乱れもなく非常によくかけており、主旨も明快でわかりやすいです。更なる向上を期待します。

    今日私はちょっと「Noc Kupały」というスラヴの祭りについて書きたいです。 

    ※文法的には問題ありませんが、「書きます」或いは「書きたいと思います」の方がより自然です。

     

    この夜、クラクフ人は…

    ※国名+人の場合は助詞「の」は必要ありませんが、都市名+人の場合は大抵「の」を使用します。例をあげると「日本人」「ポーランド人」、「東京の人」「ワルシャワの人」などです。もちろん「の」を使わなくても意味は通じますが、こちらの方が自然です。

     

    そして、女子は花輪を作って、を水に置きます。そうするそうすると、彼女たちはきっと早く結婚するそうです。

    ※この「の」が何を表したいのかよくわかりませんでした。

     

    今年のNoc Kupałyを楽しみにしています

     

    私の感想

    相変わらず大きな文法の乱れもなく非常によくかけており、主旨も明快でわかりやすいです。更なる向上を期待します。

    今日私はちょっと「Noc Kupały」というスラヴの祭りについて書きたいです。 

    ※文法的には問題ありませんが、「書きます」或いは「書きたいと思います」の方がより自然です。

     

    この夜、クラクフ人は…

    ※国名+人の場合は助詞「の」は必要ありませんが、都市名+人の場合は大抵「の」を使用します。例をあげると「日本人」「ポーランド人」、「東京の人」「ワルシャワの人」などです。もちろん「の」を使わなくても意味は通じますが、こちらの方が自然です。

     

    そして、女子は花輪を作って、を水に置きます。そうするそうすると、彼女たちはきっと早く結婚するそうです。

    ※この「の」が何を表したいのかよくわかりませんでした。

     

    今年のNoc Kupałyを楽しみにしています

     

    私の感想

    相変わらず大きな文法の乱れもなく非常によくかけており、主旨も明快でわかりやすいです。更なる向上を期待します。

    今日私はちょっと「Noc Kupały」というスラヴの祭りについて書きたいです。 

    ※文法的には問題ありませんが、「書きます」或いは「書きたいと思います」の方がより自然です。

     

    この夜、クラクフ人は…

    ※国名+人の場合は助詞「の」は必要ありませんが、都市名+人の場合は大抵「の」を使用します。例をあげると「日本人」「ポーランド人」、「東京の人」「ワルシャワの人」などです。もちろん「の」を使わなくても意味は通じますが、こちらの方が自然です。

     

    そして、女子は花輪を作って、を水に置きます。そうするそうすると、彼女たちはきっと早く結婚するそうです。

    ※この「の」が何を表したいのかよくわかりませんでした。

     

    今年のNoc Kupałyを楽しみにしています

     

    私の感想

    相変わらず大きな文法の乱れもなく非常によくかけており、主旨も明快でわかりやすいです。更なる向上を期待します。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More