Site Feedback

立て木打ち・横木打ち ・部分2・1

ブムバハカ体制と示現流立て木打ち
立て木打ち・横木打ち ・部分2・1

「たてぎ」とか「たちぎ」という立っている幹とか横たわっている幹を打つのは示現流剣術の稽古の方法である。
示現流は古くて、伝統的な今まで南の日本の九州に行っている剣術だ。
稽古には武道の基本の方法を習うために、高めるために、広げるために木で作った棒で立て木とか横木を打つ。
同じような大切なのは体的な稽古によって人物を深められて、広がられているという視点だ。
殆ど5年前は九州の示現流道場で素振りを習って、素振りの方法は私の太道に統合していた。例えば蜻蛉の姿勢。
これは生徒に時々分かりにくかったし、稽古しにくかって、私にもそう。
そのわけでは私に多田先生が最近武道の雑誌に発表している文章に彼の立て木と横木の体験について読めるのはよい確認だった。
多田先生は文書に個性的な進展や先生たちや稽古について書いている。
若い頃庭に立て木と横木の素振りをやったというのは語っている。とてもいい稽古の方法として書きあらわしている。
ローマで観察できるのは、多田先生がここでの道場には幹代わりに自動車のタイヤを置いていて、そこで素振りをやった。
多田先生はその方法.いわま道場に立て木と横木教えているし、褒めたてていた 植芝 盛平から教えていただいた。
私の大先生の言葉の理解のように、それは合気道の基本ではなくて、武道の基本だ。

I translated this text from German. In case you do not understand, what I meant, please ask, I will send the sentence in German or English.

Share:

 

1 comment

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More