Site Feedback

阿信というドラマ

 

最近は阿信というドラマを見ました。
このドラマは古いけど、心を打ちやすいんです。
たとえば、家は貧しいし、家族も約八人いるせいで、七つの阿信は一年間家を離して、外で働かなければなりません。
あんな年で、家のために阿信はどんな苦しさも我慢して、ずっと一年間の約束を守っていました。
しかし、意外なことはよく起こっています。阿信は常さんという執事に冤罪(常さんはお金がなくなったこと、阿信を疑います、実は阿信ではない)をかけさせられてしまいました。
阿信は怒りともにずっと奉公していた店から逃げました。
ここまで見て、私は阿信の不運(小作の娘)に同情しています、七つなのに、子供らしい快楽を得なかった。でも、もっとこれからの阿信の物語を楽しんでいます。
運命はもう決まりました、幼いごろの阿信からの感想です。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    阿信というドラマ

    最近は阿信というドラマを見ました。
    このドラマは古いけど、心を打ちやすいんです。
    たとえば、家は貧しいし、家族も約八人いるせいで、七つの阿信は一年間家を離て、外で働かなければなりません。
    あんな年で、家のために阿信はどんな苦しさも我慢して、ずっと一年間の約束を守っていました。
    しかし、意外なことはよく起こっています。阿信は常さんという執事に冤罪(常さんはお金がなくなったこと、阿信を疑います、実は阿信ではない)をかけさせられてしまいました。
    阿信は怒りともにずっと奉公していた店から逃げました。
    ここまで見て、私は阿信の不運(小作の娘)に同情しています、七つなのに、子供らしい快楽を得なかった。でも、もっとこれからの阿信の物語を楽しんでいます。
    運命はもう決まりました、幼いごろころの阿信からの感想です。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More