Site Feedback

まだ 冬 です。

2013年 3月 29日
ドイツは天気とっぴようしです。春です、でもここではとてもさむいです。こおりのうな東風は顔 に吹きます。この風はロシアから着ます。It is said that since 100 years march hasn’t been as cold as now. 
私たちの池はまだ凍りました。池の中に金魚はまだねむいです。
私は風邪をひいた。夜に 根が足りないです。
春がほしいですね。

Share:

 

5 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    まだ 冬 です。

    2013年 3月 29日
    ドイツ天気とっぴようしです。春です、でもここはとてもさむいです。こおりのうな東風顔 に吹きます。この風はロシアからます。It is said that since 100 years march hasn’t been as cold as now. 
    私たちの池はまだ凍りました。池の中金魚はまだねむいです
    私は風邪をひいた。夜に 根が足りないです
    春がほしいですね。

     

    Correction;

    ドイツの天気はとっぴょうし(突拍子)もないです。春です、でもここはとてもさむいです。こおりのような東風が顔に吹きます。この風はロシアから来ます。今年の三月はここ百年で最もさむいと言われています。私たちの池はまだ凍っています。池の中の金魚はまだ冬眠しています。私は風邪をひきました。夜に寝が足りないです。春が待ち遠しいですね

     

    Comment;

    L.1 & L.3 「春です。」 「春が待ち遠しいです。」 These sentences are incoherent.If spring has already come there,the latter makes no sense.If not,the former makes no sense.

    On the whole,your composition is easy to understand and interesting!Be careful not to catch cold.Hope help you!

    【訂正】ドイツは天気とっぴようしです。 

        ドイツの天気は突拍子もないです。 かな? でも、こういう言い方はしないです。

    【言い換え】今日のドイツの天気はすごく変です。

     

    【言い換え】春です、でもここではとてもさむいです。

          今の季節は春です。でも、ここはとても寒いです。

          今の季節は春ですが、ここはとても寒いです。

     

    【訂正】こおりのうな東風は顔 に吹きます。

        氷のような東風が顔に凍みます。 

        (【言い換え】氷のように冷たい東風が、顔にあたって痛いです。)

        

    【訂正】この風はロシアから着ます。

        この風はロシアから来ます。

     

    It is said that since 100 years march hasn’t been as cold as now. 

    【翻訳】100前の3月は今ほど寒くなかったと言われています。

     

    【訂正】私たちの池はまだ凍りました。

        私たちの家の池は、また凍りました。

     

    【訂正】池の中に金魚はまだねむいです。

        池の中にいる金魚はまだ眠そうです。

     

    【訂正】私は風邪をひいた。

        私は風邪をひきました。

     

    【訂正】夜に 根が足りないです。  根は寝?(睡眠)のことですか?

        夜、寝足りなかったです。 かな?

     

    【訂正】春がほしいですね。

        早く春が来て欲しいですね。

     

    日本は今日は曇りでしたが、過ごしやすかったです。午後は風がでて、少し肌寒かったです。

    桜がすごくきれいでしたが、多くの桜が散り始めました。

    恐らく、明日が最後の見どころになると思います。日曜日に雨が降る予報なので。

     

     

     

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More