Site Feedback

この前の作文に続きます。急ぐ!ありがとうございます。

実は、この前に、留学のために、いろいろな手を入れました。能力はあまり強くありませんが、ずっと努力してきました.たくさんの人はあきらめようと勧んでくれましたが、どうしてもこの終電車に乗ろうとしています。
 留学を求めて気がはやり、貴校にも鹿児島にも憧れをいだいているので、我が校側にことらずに無断でこのメールをお送りしました。我が校は貴校に申し込めば、少し考えてくださいませんか。この考えは自分勝手で、貴校にいろいろな世話をかけるということがわかりましたが、やはり夢の支えで、現実に譲りたくないのです。私は南京工業大学の普通の女子学生に過ぎません。両校の交流活動に対して、果てしない海を進んでいる小船のようでございます。ただ、以上の原因から、海は小船を水没させないよう望んでいます。
 このメールを読み上げていただきましてありがとうございます。取り急ぎ、メールに失礼したします。どうぞお気軽にお越しくださいますようお待ちいたしております。
以上
                        南京工業大学日本語科張博翰

Share:

 

1 comment

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More