Site Feedback

竹下 第一章

 

彼は赤い靴を穿いて、白い帽子を被って家から出た。彼は竹下と言った。彼は広くて綺麗な道を歩きながら、欠伸をしたりした。今日は眠かった。最近よく寝られなかったから、眠れ気味だった。暑い夏だった。とても古い町だった。人はほとんどいなかった。
「喉が渇いてたまらない」と竹下が思った。
でも近くで水を売っている販売機すらなかった。竹下は歩いて続いた。地図に沿って近くに川がある。
「行きかねている・・・ 飲みたくてしようがない・・・ 川はどこか・・・ この地図は欺瞞にほかならない!でも、その地図は欺瞞だと知りつつ、まっすぐに行き続くよ!乾きにもかかわらず・・・」
そういう考えたとたんに、曇りになった。
「雨が降るに違いない」
竹下は隠れるためのところを探し始めた。彼から20メートルぐらいにある木の下に穴があった。穴の上に倒れた板塀があった。小屋みたかった。中に入った。

つづく

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    竹下 第一章

    彼は赤い靴を穿いて、白い帽子を被って家から出た。彼は竹下と言った。彼は広くて綺麗な道を歩きながら、欠伸をしたりした。今日は眠かった。最近よく寝られなかったから、眠不足気味だった。暑い夏だった。とても古い町だった。人はほとんどいなかった。
    「喉が渇いてたまらない」と竹下思った。
    でも近くには水を売っている販売機すらなかった。竹下は歩た。地図に沿って近くに川がある。
    「行きかねている・・・ 飲みたくてしようがない・・・ 川はどこか・・・ この地図は欺瞞にほかならない!でも、その地図は欺瞞だと知りつつ、まっすぐ行き続けるよ!乾きにもかかわらず・・・」
    そういう考えたとたんに、曇りになった。
    「雨が降るに違いない」
    竹下は隠れるためのところを探し始めた。彼から20メートルぐらいにある木の下に穴があった。穴の上に倒れた板塀があった。小屋のようだった。中に入った。 

    つづく

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More