Site Feedback

代表的なファストフード

ヨルダンを含めて、レバント*で売れているファストフードは、ほかの国のように、ハンバーガー、ホットドッグ、フライポテトなどです。
でも代表的なファストフードといえば、ファラーフェル*でしょう。ファラーフェルとは、サラダ油であげるまえにきれいな緑色をしているヒョコマメで作られた小さなボールで、あげてから外側が茶色になります。
食べ方はいろいろあります。朝仕事か学校に行く途中で店に入って、店のおじさんにあいさつをして、サンドイッチを注文します。普通は3個をパンに入れて平たくして、ほしかったらトマトやきゅうりなどを入れます。
休みの日の朝早くにそのおいしいにおいに起こされて、たった今出来上がった手作りの熱くておいしいパンを買ってきて、紅茶を入れて朝食することも多いです。夜遅くまで家族が面白い話に夢中になるときも若い男子をそれを買いに行かせます。また、おなかがすいていなくても、ポテトチップスのように食べる人も多いです。特に冬の寒い日です。
エジプトやスダンでも食べられますが、ソラマメで作られ、中身は黄色で、「タアメイヤ」と呼ばれています。
そんなにファラーフェルを愛されている理由は、とてもおいしいこと、手軽に食べられること、それにとても安いことです。
面白いのは、ファラーフェルはずっとびんぼうな人の食べ物と呼ばれてきたのに、現在金持ちのためのファラーフェルレストランができて、一度そこで食べてみれば、KFCで食べたほどのお金を払います。

とてもおいしくて、ベジタリヤンにもぴったりなので、一度食べてみてください。
^_^


*レバント(シャーム):パレスチナ、ヨルダン、シリヤ、レバノンを含む地域。
*ファラーフェル:(正確な情報かどうか読みませんでした)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More