Site Feedback

立て木打ち・横木打ち ・部分2・3

私の道場で立て木を仕掛けて、打つの稽古した。
I then positioned a tategi trunk in my Dojo and practiced hitting.

少しその後で私の道場での立て木と示現流道場の立て木の「打つのきず」は違うといことを気がついた。
After a certain period of time, I recognized, that the tategi in my dojo and the one in the Jigenryu dojo possessed different “hitting marks”.

日本での幹は両面から一様に、すなわち直角に打ち落とされたが、私のは前の部分だけだった。
In Japan, the trunk was equally cut on both sides, right angled, but mine only on the front part.

それに、1000回打ったら、手と肩は痛くなった。
Also, my hands and shoulders hurt, when I hit a thousand times.

いろいろな質問は残っていたから、ふたたびに示現流の道場での稽古中の指揮は記憶にとどめされた。
So there remained questions and I commemorated again the briefing during instructions at the Jigenryu dojo.

• まずは木刀の先頭前へあやつられるとか投げられる
• 左の肘は体のちかくに残って、右の肘は伸ばされている
• First the top of the sword should be brought forth/ thrown
• The left elbow stays close to the body and the right elbow is stretched

それを打ちながら気をつけたときに、手のよい絞りの動きを感じられる。
When I consider that when hitting, I feel that a good wringing movement is generated in my hands.

それに、息はよく外へ流れて、肛門は上へ動いて、閉まる、部分1(Kumbahakataisei)のように説明した。
Also the breath is flowing well to to outside and the anal sphincter moves above and closes (as described in part 1 [I plan to translate that part as well lateron]).

肩はそのままゆったりして、意識は下腹において、それに鎖骨の間接も打ち技共に動く。
The shoulders stay loosened, the consciousness is in the underbelly and the collarbone joints also move with the hitting technique.

その打つのやり方で、私の木刀とか棒はよく前へ動いて、今私の幹は一様にやせたという感じがある。
With this manner of hitting, my sword/stick moves well to the front and I now got the feeling, that the trunk is “shrinking” equally.

示現流での姿勢と体の状態は中村天風のKumbahaka体制を一致すると思う、参照部分1.
I think, that this posture and the condition of the body are the same in Jigenryu and Tempu Nakamuras Kumbakaha posutre (see part 1).

そのわけではKumbahaka体制と示現流の打つの技は太道の稽古に導入している。
Therefore I integrate the Kumbahaka posture and the Jigenryu hitting techniques into my Taido practice.

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    (I want to say, in advance, that I have no idea of the term/ words for 示現流 because I don't know nothing about 古武術 nor 示現流. So sorry for that.)

     

    立て木打ち・横木打ち ・部分2・3

    私の道場で立て木を仕掛けて、打つの稽古した。

    私は(私の)道場で「立て木を仕掛けて、打つ」の稽古をした。
    I then positioned a tategi trunk in my Dojo and practiced hitting.

    少しその後で私の道場での立て木と示現流道場の立て木の「打つのきず」は違うといことを気がついた。

    その少し後で、私の道場での立て木と示現流道場の立て木の「打つのきず」は違うといことに気がついた。
    After a certain period of time, I recognized, that the tategi in my dojo and the one in the Jigenryu dojo possessed different “hitting marks”.

    日本での幹は両面から一様に、すなわち直角に打ち落とされたが、私のは前の部分だけだった。

    日本では、幹(体幹?胴体?)は両面から一様に、すなわち直角に打ち落とされたが、私の(道場でのやり方)は前の部分だけだった。
    In Japan, the trunk was equally cut on both sides, right angled, but mine only on the front part.

    それに、1000回打ったら、手と肩は痛くなった。

    1000回打ったら、手と肩も痛くなった。
    Also, my hands and shoulders hurt, when I hit a thousand times.

    いろいろな質問は残っていたから、ふたたびに示現流の道場での稽古中の指揮は記憶にとどめされた。

    いろいろな疑問が残されていて(疑問があって)、示現流の道場での稽古中にその説明が思いだされた。
    So there remained questions and I commemorated again the briefing during instructions at the Jigenryu dojo.

    • まずは木刀の先頭前へあやつられるとか投げられる

       まず、木刀の先端は前に向けられる/ 投げられる。
    • 左の肘は体のちかくに残って、右の肘は伸ばされている

       左の肘は体のちかくに残って(or とどめて)、右の肘は伸ばされている 。
    • First the top of the sword should be brought forth/ thrown
    • The left elbow stays close to the body and the right elbow is stretched

    それを打ちながら気をつけたときに、手のよい絞りの動きを感じられる。

    打っている時にそのことに気をつけていると(or 注意してるいと)、手によい絞りの動きが生じることを感じる。
    When I consider that when hitting, I feel that a good wringing movement is generated in my hands.

    それに、息はよく外へ流れて、肛門は上へ動いて、閉まる、部分1(Kumbahakataisei)のように説明した。

    それに、息はよく外へ流れて、肛門(の筋肉)は上へ動いて、閉まる。(パート1(Kumbahakataisei)のように説明した。)
    Also the breath is flowing well to to outside and the anal sphincter moves above and closes (as described in part 1 [I plan to translate that part as well lateron]).

    肩はそのままゆったりして、意識は下腹において、それに鎖骨の間接も打ち技共に動く。

    肩はそのままゆったりとさせ(or 力を抜き)、意識を下腹部におき、鎖骨の関節も打ち技共に動く。

    The shoulders stay loosened, the consciousness is in the underbelly and the collarbone joints also move with the hitting technique.

    その打つのやり方で、私の木刀とか棒はよく前へ動いて、今私の幹は一様にやせたという感じがある。

    その打つの動きと共に、私の木刀/ 棒は前方へうまく(or ただしく、十分に) 動いて、今、私の幹(or 体幹、胴体)は一様に縮んだという感じがある。
    With this manner of hitting, my sword/stick moves well to the front and I now got the feeling, that the trunk is “shrinking” equally.

    示現流での姿勢と体の状態は中村天風のKumbahaka体制を一致すると思う、参照部分1.

    示現流での姿勢と体の状態は中村天風のKumbahakaの姿勢(or 状態)と一致すると思う。(参照部分1)
    I think, that this posture and the condition of the body are the same in Jigenryu and Tempu Nakamuras Kumbakaha posutre (see part 1).

    そのわけではKumbahaka体制と示現流の打つの技は太道の稽古に導入している。

    そういうわけで(or したがって) Kumbahakaと示現流の打つの技を太道の稽古に導入している。
    Therefore I integrate the Kumbahaka posture and the Jigenryu hitting techniques into my Taido practice.

     

    あさがおさん、

    直さなくても良いくらいすばらしい日本語力ですね。古武術用語を間違えて解釈(かいしゃく)していたらごめんなさい。ところで、中村天風さんの教えをご存知とはおどろきました。

     

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More