Site Feedback

クムバカハ体制 2

よくその呼吸法をしているうちに、吐きながら肛門は上へ引かられているような感じだった。
With the many times I practiced this breathing exercise, it felt to me as if the anal sphincter would be pulled upwards when exhaling.

それは尾骨が前と上へ巻いているのにだった。
And that was the case even though the tailbone rotates upwards and forward.

操体法の呼吸法は大体横になっているうちに行われている。
Sotaiho breathing is mostly practiced while lying.

でも、座りながらや立ちながら同じことは感じていた。は木ながら仙骨は後ろへ、尾骨と恥骨は前へ動いている。
But I felt the same also when sitting or standing: When exhaling, the sacral bone moves backwards and tailbone and pubic bone move forward.

息を吸るときに、全部はふたたびに立てる。
When inhaling, everything straightens up again.

吸うの終わりの際で、体が真っ直ぐしていて、二倍のSのカーブを形作って、力を使わないで手中は下腹へ向いて、そのときに、肛門が自動的に上へ引くという感じが出てくる。
At end of the inhaling phase, when the body is erect again, forming the double S-curve, when concentration is directed to the underbelly, without placing power in it, then the feeling arises that the anal sphincter is pulling automatically upwards.

吐きながら、脊柱の下のSのカーブは自動的に平らになったら、その感じは強くなる。特に長い吐く息の際で。
This feeling becomes stronger while exhaling, when the lower S-curve of the spinal column becomes automatically more flat, especially during long exhalation.

最近「月間武道」という有名な武道の雑誌で多田先生の文章を読んだ。
Recently I read an article by Tadasensei in the gekkan budo, a well known Japanese budo magazine.

文章で多田先生は中村天風のクムバカハ体制の解釈を報知している。
「肛門は圧搾しないはずだし、かえて肛門は自動的に巻きの動きで上へ閉めるはずだ。手中は下腹におくはずだ、肩をリラックスするように。」
In his article, he reports how Tempu Nakamura explained Kumbahaka Taisei: The anal sphincter should not be squeezed, but it should automatically close with a rotating movement upwards. The concentration should be directed towards the underbelly, as by doing that, the shoulders can relax.

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    クムバハカ大勢 2

     

    よくその呼吸法をしているうちに、吐きながら肛門は上へ引かられているような感じだった。

    (この呼吸法を何度も練習しているうちに/練習してみると、息を吐く時に肛門が引き上げられていくように感じた。)
    With the many times I practiced this breathing exercise, it felt to me as if the anal sphincter would be pulled upwards when exhaling.

    それは尾骨が前と上へ巻いているのにだった。
    (Sorry, I couldn't translate "And that was the case even though". "the tailbone rotates upwards and forward" = 尾骨は前方へ巻き上げられる)
    And that was the case even though the tailbone rotates upwards and forward.

    操体法の呼吸法は大体横になっているうちに行われている。
    (操体法の呼吸は主[おも]に横たわって行われる。)
    Sotaiho breathing is mostly practiced while lying.

    でも、座りながらや立ちながら同じことは感じていた。は木ながら仙骨は後ろへ、尾骨と恥骨は前へ動いている。
    (しかし、座位[ざい]や立位[りつい]でも同じ感覚があった。息を吐く時、仙骨は後方へ、尾骨と恥骨は前方へ動く。)
    But I felt the same also when sitting or standing: When exhaling, the sacral bone moves backwards and tailbone and pubic bone move forward.

    息を吸るときに、全部はふたたびに立てる。
    (息を吸う時、すべては再び上に(まっすぐ) 伸びる。)
    When inhaling, everything straightens up again.

    吸うの終わりの際で、体が真っ直ぐしていて、二倍のSのカーブを形作って、力を使わないで手中は下腹へ向いて、そのときに、肛門が自動的に上へ引くという感じが出てくる。
    (吸う息の終わりに、体が再び直立[ちょくりつ]すると、二倍(二重?)のS字カーブを形作る。集中(力)は下腹部に導かれると、力に重点を置かなくても、肛門が自然に引き上げられていく感覚が得られる。)
    *I couldn't catch "when concentration......power it in" well, sorry.
    At end of the inhaling phase, when the body is erect again, forming the double S-curve, when concentration is directed to the underbelly, without placing power in it, then the feeling arises that the anal sphincter is pulling automatically upwards.

    吐きながら、脊柱の下のSのカーブは自動的に平らになったら、その感じは強くなる。特に長い吐く息の際で。
    (息を吐く間、脊柱の下の部分のS字カーブが自然にもっと平らに/まっすぐになるとき、この感覚が強くなる。特に長く息を吐く間に息を吐いている間に(強く感じる)。)
    This feeling becomes stronger while exhaling, when the lower S-curve of the spinal column becomes automatically more flat, especially during long exhalation.

    最近「月間武道」という有名な武道の雑誌で多田先生の文章を読んだ。
    (最近、「月刊武道」という有名な日本の武道雑誌で多田先生の(書いた)記事を読んだ。)
    Recently I read an article by Tadasensei in the gekkan budo, a well known Japanese budo magazine.

    文章で多田先生は中村天風のクムバカハ体制の解釈を報知している。
    「肛門は圧搾しないはずだし、かえて肛門は自動的に巻きの動きで上へ閉めるはずだ。手中は下腹におくはずだ、肩をリラックスするように。」
    (記事(の中)で(多田先生は) 中村天風先生がどのようにクムバハカ大勢を説明したかについて述べている: 肛門は無理に締めるべきではないが、巻き上げられる動きと共に自然に引き締まっていくはずだ。集中(力)は、肩の力を抜くことによって下腹部へ導かれるはずだ。)
    In his article, he reports how Tempu Nakamura explained Kumbahaka Taisei: The anal sphincter should not be squeezed, but it should automatically close with a rotating movement upwards. The concentration should be directed towards the underbelly, as by doing that, the shoulders can relax.

     

    あさがおさん、

    I wonder if I could help you because of my English. どこまでお役に立てたかどうか疑問です。Did you read the books about it in English or Germany? I think you can read original books written by Tempu  Nakamura.  

     

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More