Site Feedback

2013年4月9日

今日は(speech)のじゅぎょうに行きました。けいかくがいのスピーチをしなきゃ行けなかったから、今日はとくにはずかしすぎました。家に帰りたかったです。でも、来週は大スピーチをしなきゃ行けないです。やっぱり、今日はいいれんしゅうでした。家に帰ったから、晩ご飯を作りました。日本語で「作る」と「りょうりする」と どっちのほうがただしいですか。牛肉とたまねぎとご飯を作りました。お母さんは「おいしい」って言いました。でも、私はちょっとからすぎると思いました。今、日本語を勉強しています。あとでドラマを見るつもりです。今GTO2012を見ています。おもしろいです。今読んでいる人は何のドラマがいちばん好きなドラマですか。こたえてくれてください。こたえをたのしみにしています。

なおす時、むずかしい漢字をつかわないでください。ありがとうございます。
じゃあ、またね!

Share:

 

2 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    2013年4月9日

    今日は(speech)のじゅぎょうに行きました。(or 今日はスピーチのじゅぎょうがありました。)

    けいかくがいのスピーチをしなきゃ行けなかったから、(今日は)とくにはずかしすぎました。

    (or よきしていなかったスピーチを) しなければいけなかったので、とてもはずかしかったです。

    (We use きゃ in our daily conversations very often but when you write, ければ is much better, particulary you write/ speak in formal way. しなければいけない doesn't need kanji 行, writing with hiragana is correct.)

    家に帰りたかったです。でも、来週はながいスピーチをしなければきゃけないす。やっぱり、今日はいいれんしゅうになりました。家に帰っから、晩ご飯を作りました。

    日本語で「作る」と「りょうりする」と どっちのほうがただしいですか。

    日本語では「作る」と「料理する」、 どちらのほうががただしい(言いかた)ですか。日本語でただしいのは、「作る」「料理する」のどちらですか。

    (やさい/にく/さかな(ingredient/stuff) を料理する

     しょくじ/ ごはん (or name of foods, cooking, for example, soup, salad, sandwiches) を作る)

    牛肉とたまねぎを料理してと(晩)ご飯を作りました。お母さんは「おいしい」って言いました。

    (We say 「って」very often. It's better to write 「と」in formal writing. )

    でも、私はちょっとからすぎると思いました。(I think からすぎたと思います is more natural.)

    今、日本語を勉強しています。あとでドラマを見るつもりです。今GTO2012を見ています。おもしろいです。今これを(or このノートを)読んでいる人(or あなた)は、何のドラマがいちばん好きなドラマですか。

    (or 今これを読んでいるあなたがいちばん好きなドラマはなんですか。)

    こたえてくれてください。こたえをたのしみにしています。 

    おしえてください。そのこたえをたのしみにしています。

     

    なおす時、むずかしい漢字をつかわないでください。ありがとうございます。
    じゃあ、またね!(or では また, it sounds a bit more formal than じゃあまたね, of course the both are good.)

     

    Hi Nicole,

    I prefer the series from US and I don't know about 日本のドラマ well...so sorry for not replying your question! Anyways, your note is very good! I added another way to say, I hope this helps you. 

    (Please tell me if my English isn't correct.)

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More