Site Feedback

鬼になることが出来ませんでした。

昔昔、あるの日、お嬢さんは、住んでいました。お嬢さんは問題がたくさんありました。あるの日自分で考えました。
”私は優しい人ですけど、たくさん問題があります。どうして?もういい人になることががほしくない、私は鬼になりたいです。”
これから、うちえ、帰りました、途中、おばあさんを見ました。おば差案は言いました。”私は病気ですから、調子は悪いです。食べ物があげていただえませんか?”
お嬢さんは考えました。”私は手伝うことがほしくない、誰も私に手伝いませんでしたから、”それから言いました”いいえありません。”
でも、ふとに、考えを変わって、かばんから、おかしを出て,おばあさんにあげました。
お嬢さんは考えました”どうしてこのおばあさんを手伝いましたか?私は鬼になりことが出来ません。まだ私の心中で人間の心はあります。もう鬼になりたくない。問題があるけど、私は私の気持ちを変わりたくない。”
めでたしいめでたしい

Once upon a time
There was a young lady who lived in a city. Although she was kind but has lots of problems in her life.
One day she decided to be cruel, as the life was cruel to her, she decided to behave as a demon.
One day on her way home, she saw an old lady. She said “would you please give me some food. I am old and sick. Please help me”
She thought “why should I help her? Nobody helped me when I had problems.” She said “no”
But suddenly she changed her mind and opened her bag and gave her all she had.
She thought to herself “why did I help her? Maybe the human heart still beat in my chest. Although I have lots of problems but I do not want to change my feelings. I do not want to be a demon.”
End

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More