Site Feedback

雅安、がんばろう

2013年4月20日、中国四川省雅安市蘆山県で午前8時2分(日本時間同9時2分)マグニチュード(M)7.0の地震が起きてしまった。今時報道によるとやく180人が死亡した、四川省地震局の暫定集計として一万人以上が死傷したとの情報もある。
  私の学校が成都市にある、蘆山県まで約109キロメートルの距離がある。昨日の朝、私を含めて4人のルームメートもまだ寝ている。地震が急に起きて、自然反応でベットから降りて、机の下に退避した。約30秒、地震がやっとしばらく終えたようで、私達が慌てて携帯しか何も持ってないで、室外に飛び込んでいた。外に出ると多くの人が服も着ないで怖がれる顔がしていた。今時の成都市の朝があまりの寒さに耐えられなくて、地震が短期に起きないようで皆次々ビールに戻った。でも、本当に怖かった。
  私のルームが最上階の6階にある、地震に対する感覚が最も強い。ルームに戻ったばかりまた余震が起きた。そして、何度も。仕方がなく、皆一応運動場に行くことにした。運動場に着き、座ってても強い余震が次から次へとどんどん起き、ちょっと怖かったけどルームメートとクラスメートと一緒だから一安心した。
  やく5分後、学校のほうが休校そして在校の学生のために臨時避難場とか多くの対策を建ち、在校学生の安全、そして怖くないようにいろいろ手配してくれた。
  とうとう夜になり、6階があまり危険すぎるから食堂に一晩とまることに決定した。今朝4時まで、ずっと喋ったり、トランプをしたり、そしてもちろん蘆山県などの震央の地域情報を注目していた。あまりの眠さので、5時ごろ寮に戻った。しかし、寝たとたんまた5.3級の余震が起きた。外また騒ぎが出ていた。
  ベットに寝て、震央地域のことにずっと私達の頭に浮かんでた。ニュースを見ると、死亡人数がだんだん増えていて、震央救援の写真などにも見る忍びない。
  今朝10時まで3000回以上の余震が起きたという。震央の罹災民そして救援に行った警察、部隊、皆頑張ってください!
  蘆山、がんばろう!
  雅安、がんばろう!
  中国、がんばろう!

Share:

 

2 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More