Site Feedback

日本の伝統的な軽食「けいしょく」:お菓子

唐の時代、遣唐使が多くて、日本は中国から茶道文化を受けた。それもお菓子の存在「そんざい」の原因だ。でもあの時、お菓子はまだ「お菓子」と言ってはない、「唐菓子」と言いた。

続いて、室町「むろちょう」時代から安土桃山「あずちももやま」時代にかけて茶道は大流行して、菓子はよく必要になった。中国からの菓子は大体肉から作ったが、日本では仏教「ぶっきょう」の影響下、肉は豆など植物性「しょくぶつせい」の物を替えた。その後、お菓子の発展「はってん」する向こうは決めた。
そして、世界の大航海「だいこうかい」時代は始まった。南蛮「なんばん」菓子も発見した。南蛮菓子は現在のスペインとボルトガルとから点心の作り法を受けて、日本自分の方法をプラスして、独特な菓子だ。その影響下、お菓子の種類はよく色々になった。それも現代のお菓子の基礎だ。
その後、江戸「えと」時代は始まった。砂糖と茶道は大流行だから、お菓子はも一度必要になった。食材はもっともっと上等「じょうとう」になったが、格好も綺麗になった。そして、様々な格好は色々な意味をもっていた。文人「ぶんじん」と貴族「きぞく」はとても好きだ。でもその時、お菓子は高くて、残念だけど、平民は食べられない。
江戸幕府の時代は終わった。明治維新「めいじいしん」の後で、平民の力量「りきりょう」は社会の中心だ。お菓子も平民の中に行った。その甘いは皆の物になった。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    日本の伝統的な軽食「けいしょく」:お菓子

    唐の時代、遣唐使が多くて、日本は中国から茶道文化を受けた。それもお菓子の存在「そんざい」の原因だ。でもあの時その頃、お菓子はまだ「お菓子」と言ってはないわれてなく、「唐菓子」と言われた。


    続いて、室町「むろまち」時代から安土桃山「あちももやま」時代にかけて茶道は大流行して、菓子はよく(/特に)必要になった。中国からの菓子は大体肉から作ったが、日本では仏教「ぶっきょう」の影響下、肉は豆など植物性「しょくぶつせい」の物替え代えられた。その後、お菓子発展「はってん」していったする向こうは決めた
    そして、世界の大航海「だいこうかい」時代は始まった。南蛮「なんばん」菓子も発見渡来した。その南蛮菓子は現在のスペインとボルトガルとから点心製法と作り法を受けて、日本自分独自の方法をプラスして、独特な菓子となった(/に変化した)。その影響下、お菓子の種類はよくさらに増えた(/色々になった。それも現代のお菓子の基礎だ。 

    その後、江戸「え」時代は始まった。砂糖と茶道は再び大流行だからしたので、お菓子はも一度必要になった。食材はもっともっと上等「じょうとう」になったが、格好(/見た目)も綺麗になった。そして、様々な格好(/姿かたち)は色々な意味をもっていた。文人「ぶんじん」貴族「きぞく」それらをとても好んだ好きだ。でもその時、頃のお菓子は高くて(/高価で)、残念けど(/だが)、平民は食べられなかった
    江戸幕府の時代は終わった。明治維新「めいじいしん」の後で、平民の力量「りきりょう」は社会の中心となった。お菓子も平民の中に広まった行った。その甘いものは皆の物になった。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More