Site Feedback

【日本語】只より怖いものはない。or 只より高いものはない。

今日、日本のTV番組でこの言葉を久しぶりに聞きました。

その内容は、東京と大阪のある商店街に、台を設置して、

キャベツや(水槽に入っている生きた)アジ(魚)を

「無料でどうぞお持ちください。」という看板を設置したら、

どのくらいの人がそれを持って帰るのか?という人間心理・興味を

楽しむ番組です。

そこでは、東京の人と大阪の人の、持ち帰り方の違いが大きく出ていました。

キャベツについていうと、

東京の人は少し周りを意識して、確認してから、持ち帰りました。

一人が持ち帰ったのを見て、次々と他の人も持ち帰りましたが、

いったん、人が途絶えると、なかなか持ち帰ろうとする人がでてこなくなりました。

大阪は、東京よりも早く、特に周りに気にせずに持ち帰ったようです。


そこで、持ち帰った人たちや通りを通っていた人たちが話していた言葉に、

「只より怖いものはない(ただよりこわいものはない)」

という言葉を使っていて、久しぶりに聞いたなと思いました。


ネットでその語源を調べてみると、見つからず、正式には

「只より高いものはない(ただよりたかいものはない)」

【意味】ただで何かをもらうと、代わりに物事を頼まれたりお礼に費用
    がかかったりして、かえって高くつく。【デジタル大辞泉より引用】


自分も間違って覚えていたので、今回調べて正しい用法を覚えられてよかったです。

みなさんも、気をつけて使ってください。

I've heard of this word on a TV program for a long time.
The TV program showed us how people react to a special situation.
For example, a long desk set up in a shopping street in Tokyo and Osaka.
There are some cabbages or some fish(horse mackerel) put on the desk
and there is a signboard that "You can take (them) freely." (It is not said only one or more)
There are a big difference between people in Tokyo and people in Osaka.
About cabbages, people in Tokyo hesitated to pick it up and most of people looked around, and asked someone to confirm it, finally they took them.
One person came close to the desk and picked it up and then, other people got together and took it or them. But when no one is there, the people didn't get close to it.
People in Osaka didn't care about the surroundings. The cabbages were taken up soon.

Some people who took it or passed by said the word "Nothing is 'fear' than 'free'."
(Sorry, I'm not sure it is a proper English phrase or not.)

When I looked for the origin of the phrase, I couldn't find it.
Actually some people including me misunderstood the phrase.
"Nothing is higher than "free" is the correct phrase.
The meaning : If you get something free (from someone), you have to do for someone in return or spend much money to return it.

Share:

 

2 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More