Site Feedback

「人間失格」を読んだあと(1)

 

「人間失格」という文学から日本人の生死観を覗き見る以上、この作品がどのような生死観を反応してあることを見るのは、免れない。この本は、偽語村言を借り、石に刻まれていた世の中の試練が語られるという「紅楼夢」のような構局です。この本の後書において、作家が友たちを訪ねるのをきっかけに、小さい喫茶店を寄って、旧友の女将とばったりと出会った。ちょっと挨拶したあと、創作の材料として渡してくれたのは、異様の写真三枚及び原稿三冊。これは、十年前に女将の店に送った差出人葉さんだけある郵便物そうです。

原稿
既然我们是从<人间失格>这部文学作品来窥探日本人的生死观,免不了要看一看,这部作品反映了怎样一种生死观.
这本书的构局很有一种<红楼梦>借假语村言娓娓道来刻在石头上的凡世历练经历一般.本书在后记以一个作家探访朋友,历经一个小咖啡馆,偶遇故人老板娘,一顿寒暄后,考虑到可以做写作的材料,交给我三张诡异的照片和一份书稿,据说是十年前寄到老板娘店里,只有寄件人阿叶的手稿。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More