Site Feedback

貨幣には紙幣と硬貨があるが、二種類も必要ない。紙幣のみで良い

貨幣の誕生してから今まで、紙幣と硬貨が何年間も商品の取引ツールにとして良く使われる。支払い方法は多種になる今でも、紙幣と硬貨は何の方法でも替わることができない生活必需品である。したがって、「貨幣には紙幣と硬貨があるが、二種類も必要ない。紙幣のみで良い」と言う主張に反対する。
反対の要因として、次に挙げられる。まず、補助貨幣として硬貨の使用年限は紙幣より長い。中国1999年発行した硬貨は今でも市場で流通している。もう一つは、紙幣と硬貨は違う場合で使われる。安いものを買う時、硬貨を使って、取引を急ぐ完成できる。紙幣を使われば、小遣いを散り散り出すことは大変だろう。しかも、紙幣のは特殊な纸でそれぞれ特別な図案を飾られて作られたものである。そして、紙幣の制作技術が特に優れているので、制作の難度は勿論高い。紙幣より硬貨の方は、制作は簡単である。
したがって、硬貨より紙幣の長所が多いあるが、硬貨も自分の長所がある。紙幣と硬貨二つを利用するのは必要、どちらも我々の生活に便利を与える。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More