Site Feedback

感想文 前半

この前、クラス同士と一緒に『送り人』という映画を見ました。本当にすてきな映画でした。日本文化といえば、茶道とか歌舞伎とか和服とか思い浮かびます。しかし、『送り人』を通じて、日本の死亡文化を見させました。
主人公のチェリストの小林大悟は、所属するオーケストラが解散し、自分の才能にも自信を失っていないので、妻の美香と二人で故郷の山形へ帰ることにした。大悟は職探すとき、いがいに納棺師となりました。しかし、彼はこの仕事が好きではありませんでした。それで、小林大悟は最初にこの仕事が自分に向いていないと悩むものの、社長である、佐々木の助手として様々な人の納棺にしているうちに、納棺の意義を見出すようになっていました。大悟はこの仕事には最初の恐ろしさから尊重へと熱愛までしていました。
主人公が観衆をつれて、日本社会の種々相を見せてくれました。性同一性障害を持った止夫、死後2週間経過した見つかれた高齢女性、家族から敬われた主婦、一生苦労していた「鶴の湯」を一人で切り盛りしようおばあさん…目の前に人が次々死んでしまいました。細かく厳かな納棺式を行って、死者を送別して、命に対して新たな理解を得られるだけではなく、日本の死亡文化にも認識を新たにさられました。
日本の仏教文化においては、輪廻転生という観念が根強くしています。生が仏教で四苦のひとつです。自分だ生きるためには他の生物のしが必要です。『死は終わりってということではなくて、そこをくぐり抜けて次へ向かう、まさに「門」です。私は門マンとして、ここでたくさんの人を送ってきた。「いってらっしゃい、また会おうのって」言いながら…』、映画の中での葬祭師はこう言いました。まさにその通りです。死はただ別の旅にのぼっています。それに、葬祭師はこの旅を送るだけです。この葬祭師はもう死を見通すこととおもいます。また、彼の言ったことから、日本の仏教文化が死にどう考えるかと分かりました――人間は、来世があるものです。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

     

    感想文 前半

    この前、クラスの仲間と同士と一緒に『送り人』という映画を見ました。本当にすてきな映画でした。日本文化といえば、茶道とか歌舞伎とか和服とか思い浮かびます。しかし、『送り人』を通じて、日本の死亡文化死生観を見ることができました。
    主人公のチェリストの小林大悟は、所属するオーケストラが解散し、自分の才能にも自信を失っていたので、妻の美香と二人で故郷の山形へ帰ることにした。大悟は職探すとき、いがいに納棺師となりました。しかし、彼はこの仕事が好きではありませんでした。それで、小林大悟は最初この仕事が自分に向いていないのではと悩むものの、社長である、佐々木の助手として様々な人の納棺に接しているうちに、納棺の意義を見出すようになっていました。この仕事に対しての大悟の気持ちは最初の恐ろしさから尊重へと変化し、熱愛するまでになりました
    主人公が観衆に向けて、日本社会の様々な姿を見せてくれました。性同一性障害を持った止夫、死後2週間経過し見つけられた高齢女性、家族から敬われた主婦、一生苦労していた「鶴の湯」を一人で切り盛りしていたおばあさん…目の前人が次々死んでしまいました。細かく厳かな納棺式を行って、死者を送別して、命に対して新たな理解を得られるだけではなく、日本の死生観にも認識を新たにさられました。
    日本の仏教文化においては、輪廻転生という観念が根強く支配しています。生仏教で四苦のひとつです。自分生きるためには他の生物のが必要です。『死は終わりってということではなくて、そこをくぐり抜けて次へ向かう、まさに「門」です。私は門マンとして、ここでたくさんの人を送ってきた。「いってらっしゃい、また会おうのって」言いながら…』、映画の中での葬祭師はこう言いました。まさにその通りです。死はただ別の旅への入り口です。それに、葬祭師はこの旅を送るだけです。この葬祭師はすでに死を見通していることとおもいます。また、彼の言ったことから、日本の仏教文化が死どう考えるか分かりました――人間は、来世があるものです。

     

    ※ 素晴らしいですね。立派な日本語です。

     

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More