Site Feedback

essay

 

昨日、天気がいいでした。最高の温度は20度になりました。ようやく外にのんびりして散歩できます。大連は、本当に天気のよい期間は短いです。速く過ごし終わります。5月から始まって、11月に終わります。残りの日々は、いつも風が強くて、寒くてたまらないです。だから、こんないいころを無駄に使わなくて、思う存分に外に出て行こうと思います。友達の唐さんと一緒に山を登りに行きました。唐さんは勤勉で働いている女の子で、私の幼馴染です。今、代金に関する金融会社に経理の仕事をしています。毎日忙しくて、残業で疲れています。週末になると、どこにも行かなくて、1日中ただ寝るばかりです。そのために、私は工夫をして、彼女を説得して、一緒に山に行きました。残念なことに、私はもともとゆっくりとして景色を見て、気持ちをリラックスしたいのに、唐さんのせいで、気持ちはかえって重くなりました。唐さんはまだ仕事ことを考えていて、そして、ずっと仕事の悩みを言って、彼女の上司が毎日に残業させて、たくさん仕事を積んでいて、なかなかしあがらないとか、会社の同僚との仲がよくないとか、人間関係が複雑だとかという悩みがどんどん私に訴えました。唐さんを見て、ちょっと感慨が深くなりました。以前の唐さんはどんなに前向き、努力して、夢のあるひとでしたね。でも、現実の社会は美しい女の子に毎日憂鬱の顔をさせます。つい、ある言葉は「理想は美しいもので、現実は残酷ものです」胸に浮かべました。

Share:

 

2 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More