Site Feedback

十年後の私

私は多い夢があるから、十年後の私は一体どんな人だろうか?よくわからない。現在は日本語学科の一年生で、まだ学生だ。未来は色々な可能性があると思って、楽しみにしている。
 もし三年後日本語学科の修士になったら、十年後の私は日中翻訳についての仕事に勤めるだろうと思う。通訳も翻訳もできる。給料と休みの時間が十分で、自分の能力がよく表現して、毎日は楽しい心を持っている、家族は幸せだ。二人の可愛息子がいる、自分の仕事が持っている夫もいる。週末、家族と一緒に郊外に行く。森か海かどうでもいい、家族とのことはとても楽しいことだ。
 もし三年後、私はそのまま卒業したら、十年後の私はディレクターか記者だろうと思う。忙しくて、毎日仕事をしているから、自分の家族が全然持たない。でもその仕事が好きなことだから、大変で、充実だ。大勢の友達が大体結婚した、あるいは子供も持っている。友達の子供と一緒に遊びに行く、きっと嬉しいことだ。
 もし十年後の私はただ普通な人たら、毎日普通な会社に通う。未来は色々な可能性があるから、その可能性も持ったろうと思う。人生は色々な困難がある、渡すことはそんなやさしくないから、十年後の私は困難の道に渡さないともかぎらない。でも夢がいつもある。記者だろうか、普通な会社員だろうか、私も成長した、何かと経歴もある、とにかく十年前の私と全然違うになった。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More