Site Feedback

子供のころの歓楽

 

子供の時、僕は故郷の祖母と住んでいた。僕は兄と姉が11人で、みんなはいつもいっしょにうちの後ろの山で遊びました。たくさんの木だし、きれいな花だし、優しい日の光といい匂いの吹く風、それ全部はずっと忘れないです。
  故郷の夏は子供の大好きな季節で、いろいろおもしろいことがあるから。小川で釣ったり、畑で知らない蝶を追いたりしました、本当に楽しかったですよ。故郷は海がないけど、多い川と高い山があった。毎日夕方僕と兄たちは小川で口笛を吹いてお風呂に入りに行きます。ある日僕は川に飛び込んだところ、なんたか手のひらがかゆかった、見てびっくりしました、ほら、小さて銀色の魚が跳んでいんだね!兄たちは僕を見ながら大声で笑いて、そして、小さい魚に逃げられました。姉たちは山を登るが好きなのて、いつも晩ご飯を食べ後で祖母といっしょに刺蒲山という山へ行く習慣があった。祖母はいつもいちばん後ろに歩いてみんなを見て笑う。それに、寝る前に祖母はよく僕におもしろい妖怪のストーリを言って、怖かったけど、本当に僕は嬉しかったですよ。
  去年祖母が死んた、家族のみんなは泣き終られないように泣った。祖母の優しい微笑を見られない、おもしろい妖怪のストーリも聞かれない、気持ちが悲しくなります。兄たちとあねたち全部は大学を卒業したから、四川省外に働きに行きました。この夏、故郷にだれもいませんね、もうあの子供たちの笑い声が聞かれないで、祖母は寂しいかな。

Share:

 

2 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    子供のころの歓楽

    子供の時、僕は故郷の祖母と住んでいた。僕は兄と姉が11人で、みんなはいつもいっしょにうちの後ろの山で遊びました。たくさんの木だしがあり、きれいな花があり、優しい日の光といい匂いの吹く風、それ全部ずっと忘れないです。
      いろいろおもしろいことがあるから故郷の夏は子供の大好きな季節である。小川で釣ったり、畑で知らない蝶を追たりしました、本当に楽しかったですよ。故郷は海がないけど、多いたくさんの川と高い山があった。毎日夕方僕と兄たちは小川で口笛を吹いてお風呂に入りに行きます。ある日僕は川に飛び込んだところ、なんか手のひらがかゆかった、見てびっくりしました、ほら、小さくて銀色の魚が跳んでいんだね!兄たちは僕を見ながら大声で笑て、そして、小さい魚に逃げられました。姉たちは山を登るが好きなの、いつも晩ご飯を食べ後で祖母といっしょに刺蒲山という山へ行く習慣があった。祖母はいつもいちばん後ろ歩いてみんなを見て笑う。それに、寝る前に祖母はよく僕におもしろい妖怪のストーリを言ってはなして、怖かったけど、本当に僕は嬉しかったですよ。
      去年祖母が死ん、家族のみんなは泣き終られないように泣ったいた。祖母の優しい微笑を見られない、おもしろい妖怪のストーリも聞かれない、気持ちが悲しくなります。兄たちとあねたち全部みんなは大学を卒業したから、四川省外に働きに行きました。この夏、故郷にだれもいませんね、もうあの子供たちの笑い声が聞かれないで、祖母は寂しいかな。

     

     

    全体的にみると、ちゃんと伝わってくるので、あとは細かい部分をがんばってください。

    受動態(ex) it is found by me)の文章があいまいになっているように感じました。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More