Site Feedback

夏目漱石と魯迅

中国近代文学の作家ー魯迅と日本近代文学の作家ー夏目漱石、彼らの作品は世界で一番よく知られているのだと思われる。彼らは、同じ時代背景がある、同様に皮肉という手法を用いられた。二人は同じく高い評価が受けた。魯迅は中国近代以来の偉大革命家、文学家である。夏目漱石は日本現代文学を代表する最も評価の高い文学者である。
 現在、彼らと彼らの作品を研究している学者もますます多くなってくる。研究の角度はいくつかがある。作品の主題から、彼らの作品の中に現れ社会問題、例えば、魯迅の《薬》のテーマも同じで、それに処刑された青年=夏瑜が革命派で、( そのモデルは魯迅と同時代の有名な女性革命家・秋瑾 )、彼のことを役人に密告し銀貨を貰った夏家の三爺、処刑人・康大叔から夏瑜の血に染まった饅頭を銀貨二十元で買った茶館の主=華老栓・華大媽夫婦、康大叔の話を聴いて謀反人=夏瑜に怒りを顕わにする茶館の客達、人血饅頭は食べたが、結局はあえなく息絶えてしまった少年小栓。町民達に疎まれ爪弾きにされる夏瑜の老いた母親・夏四奶奶、つまり旧弊清末の新しい波に戸惑う市井の人々の心の揺らぎ。漱石は社会青年たちの悩み、両親と子供との関係、人と人のきずなを失うというような社会問題を作品にした。自分の作品を通じて問題提出した。それに色々な道を試みた。漱石が明治を自由と独立と己とにみちた予期時代と考え、それゆえ次の若い世代の真面目と純情に期待するということが感じられる。そこで「こころ」は、明治時代の「明治の精神」を記念すべき作品になっている。
 本文は国内外の魯迅と「薬』、夏目漱石と「心」の研究成果を参考にした上で、相同と相違を研究する。



これは私の論文の始まりです、間違うところは必ずありますので、助けてください!!

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    夏目漱石と魯迅

    中国近代文学の作家ー魯迅と日本近代文学の作家ー夏目漱石、彼らの作品は世界で一番よく知られているのだと思われる。彼らは、同じ時代背景があ、同様に皮肉という手法を用いられた。二人は同じく高い評価受けた。魯迅は中国近代以来の偉大革命家、文学家である。夏目漱石は日本現代文学を代表する最も評価の高い文学者である。
     現在、彼らと彼らの作品を研究している学者もますます多くなってる。研究の角度はいくつかある。作品の主題から、彼らの作品の中に現れ社会問題、例えば、魯迅の《薬》のテーマも同じで、それに処刑された青年=夏瑜が革命派で、( そのモデルは魯迅と同時代の有名な女性革命家・秋瑾 )、彼のことを役人に密告し銀貨を貰った夏家の三爺、処刑人・康大叔から夏瑜の血に染まった饅頭を銀貨二十元で買った茶館の主=華老栓・華大媽夫婦、康大叔の話を聴いて謀反人=夏瑜に怒りを顕わにする茶館の客達、人血饅頭は食べたが、結局はあえなく息絶えてしまった少年小栓町民達に疎まれ爪弾きにされる夏瑜の老いた母親・夏四奶奶、つまり旧弊清末の新しい波に戸惑う市井の人々の心の揺らぎ。漱石は社会青年たちの悩み、両親と子供との関係、人と人のきずなを失うというような社会問題を作品にした。自分の作品を通じて問題提出提起した。それに色々な道を試みた。漱石が明治を自由と独立と己とにみちた予期時代と考え、それゆえ次の若い世代の真面目と純情に期待するということが感じられる。そこで「こころ」は、明治時代の「明治の精神」を記念すべき作品になっている。
     本文は国内外の魯迅と「薬』、夏目漱石と「心」の研究成果を参考にした上で、相同と相違を研究する。



    これは私の論文の始まりです、間違うところは必ずありますので、助けてください!!

     

     

    半ばあたりの「作品の主題から、~揺らぎ。」は、「例えば、~人物紹介」を一つの文にするなどして、文を再構築した方が良さそうです。『薬』や『こころ』などの作品名は『』で統一すべきと思います。大変でしょうけれど、興味深いテーマだと思います。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More