Site Feedback

二匹のブタの愛情。

昔2匹の小さいブタ,一日中のんきな生活を送って,彼らはお互いに愛し合って,毎日主人が食べる時,公のブタはいつも先に雌豚に食べさせて,彼女は満腹など雌豚を食べて殘るもの。
毎晩公のブタはいつも雌豚にパトロールして,彼は雌の主人は彼らの熟睡する時に乗って雌豚を引き抜いて殺す。日の毎日毎日の過去,雌豚は日に日に太って,公のブタは毎日毎日やせていく。
ある日,公のブタは急に主人が食肉処理業者と相談し,生長がよくなら雌豚を売り払いますに殺して,公のブタは悲しみのあまり,その日から公のブタの気性に変わって。いつも主人を食べに来た時の公のブタの総奪ってものを食べてしまって,毎日食べて横になって寝た後,そして雌豚を交換して,今彼女にパトロールして,もし彼がいないと彼女が哨戒もうかに彼女は,だんだんの日々を過ごして,雌豚は公のブタはますます感じない彼女を気にかける。雌豚に失望して,公のブタはさりげなく過ごしている安らぎ日。
とても速い1ヶ月が過ぎましたが,主人が食肉処理業者を連れてブタ小屋に来て,彼は発見して一ヶ月前に肉付きがよくてたくましい雌豚のやせているのはあまり殘っていない肉,公のブタは長いテカリ光っているのは,この時の公のブタは一生懸命走って,主人の注意を引き起こしたくて,彼は健康豚の頭を表明。
ついに,食肉処理業者は公のブタを引きずって歩いた。引っ張り出して豚舎のあの時,公のブタは雌豚に向かって笑って言います:後で食べではいけないのがこんなに多い。雌豚は悲しいし,必死に脱出するが,ドアを閉めた圏主人,置いてある柵を見て,雌豚に輝いている涙の公のブタ。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More