Site Feedback

自分で萌やしを作るの方法です。

 

私は萌やしが好きです、美味しいと思う、よく食べます。
中国で萌やしは二つの種類があります。
一つは緑豆を生まれたの萌やしです、もう一つは大豆を生まれたの萌やしです。
私は大豆を生まれたの萌やしが嫌い、緑豆を生まれたの萌やしが好きです。味が違うので。
実は、自分にも萌やしが作れます、簡単です。
これから、家の萌やしの作り方法を紹介します。
先ず,緑豆を90度くらいのお湯に浸します。お湯が緑豆を上回ります。8-10時間でなければなりません。
それから、水を流れるのために底部が隙間があるとか小さい穴があるとかの容器を準備してください。(緑豆が落ちないため容器の底部の穴が必ず緑豆より小さくなります。)お湯に浸しましたの緑豆を取り出して、底部が穴があるの容器の中に入ります、水で洗たくして、水が全部流れ乾くなった後,湿っぽいのタオルを使って緑豆をかぶせまして、あんまり暑くない場所に置きます。
そして、五時間くらいごとに水で洗たくします,3日ぐらい後、萌やしが出ました。
もし会社を行くので、毎日五時間ごとに水で萌やしを洗たくすることができないなれば、毎日二度まで洗たくしなければならない。(よく洗たくしったら緑豆が早くて成長出来ます)
ちなみに、もう一つ注意しなければならないことがある、その底部が穴があるの容器の口は広さの方がいいです、だから、萌やしを取る時便利になります。
これ以上は萌やしの作り方法です。
興味があったら試みてください。

Share:

 

2 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    自分で萌やしを作る方法です。

    お湯に浸しました緑豆を取り出して、底部に穴がある容器の中に入ます、水で洗たくしてって

     

    「浸しました」は少し丁寧な言い方です。「浸した」でいいですよ。
    「浸した緑豆」、「穴がある容器」は、動詞+名詞なので、「の」は要りません。
    「入ります」→「入れます」のところですが、「入ります」=「入る(はいる)」は自動詞です。
    「入れる(いれる)」は他動詞です。
    この文章では、主語と目的語が省略されています。
    主語:「私(萌やしを作る人)」、目的語:「萌やし」ですね。
    だから、他動詞を使う必要があります。
    「洗濯する」は普通、衣服などを洗うときに使います。食べ物の場合は「洗う」を使います。


    水が全部流れ乾くなったいた後,湿っぽいタオルを使って緑豆かぶせまして、あんまり暑くない場所に置きます。

     

    そして、五時間くらいごとに水で洗たくします,3日ぐらい後、萌やしが出ました

     

    もし会社行くので、毎日五時間ごとに水で萌やしを洗たくすることができないなればら(らば)、毎日二度までたくしなければならないいけません。(よく洗たくしったら緑豆が早く成長出来ます)

     

    ちなみに、もう一つ注意しなければならないことがあります、その底部穴がある容器の口は広さい方がいいですだから、萌やしを取る時便利になります。

    これ以上は萌やしの作り方です。
    興味があったら試してみてください。

     

    時々、文章の終わり方を直している部分がありますね。
    日本語には、いろいろな文章の終わり方があります。
    「です」や「ます」を使う文章、「である」「いる」を使う文章などです。
    一つの作文は、同じ種類の文章の終わり方をする方が、きれいな作文になります。
    この文章では「です」や「ます」を使っている文章が多かったので、その終わり方に合わせて直しました。

    自分で萌やしを作る方法です。

      動詞+名詞、形容詞+名詞という言葉を使う時、多くの場合「の」は要りません。

      名詞+名詞の場合、最初の名詞のあとに「の」を使います。

       比如说:自転車に乗る方法(動詞:乗る、名詞:方法)

           新しい自転車(形容詞:新しい、名詞:自転車)

           ダイエットの方法(名詞:ダイエット、名詞:ダイエット)

            →ただ、「ダイエットする」という動詞を使うときは、

              ダイエットする方法、という動詞+名詞の形になるので、「の」は要りません。

     

    私は萌やしが好きです美味しいと思うよく食べます。

     

    中国で萌やしは二つの種類があります。 

      もっと自然な日本語にすると、「中国では、萌やしには二つの種類があります」となります。

     

    一つは緑豆から生まれた萌やしですもう一つは大豆から生まれた萌やしです。

       「から」の方がいいかな、と思います。

      あと、「生まれた萌やし」は、動詞+名詞の組み合わせなので、「の」は要りません。

     

    私は大豆から生まれた萌やしが嫌い、緑豆から生まれた萌やしが好きです。味が違うので。

     

    実は、自分にもでも萌やしが作れます、簡単です。

     

     

    これから、家の萌やしの作り方を紹介します。

      「作り方」は「つくりかた」と読みます。

      「作る方法」でもいいですよ。

     

    先ず,緑豆を90度くらいのお湯に浸します。お湯が緑豆を上回ります。8-10時間、そのままにしなければなりません。

     

    それから、水流れるために底部が隙間があるとか小さい穴があるとかの容器を準備してください。

      ここは、「が」を使います。

      主語が「水」、「流れる」は自動詞だからです。

      ただし、「流す」という他動詞を使うなら、「水を流す」でもOKです。

      この場合の主語は、「私」ですが、省略していると考えます。

      また、「の」は要りません。

      「流れるため」というのは、「動詞」+「名詞」ですね。だから「の」は要りません。

     

    (緑豆が落ちないようにするため容器の底部の穴が必ず緑豆より小さくなりますいものが必要です。)

      「緑豆が落ちない」は正しいですね。主語:緑豆、動詞:落ちる=自動詞、だからですね。

      もしも、「落とす」という他動詞を使うなら、

      「緑豆を落とさない」というように「を」を使うことになります。

     

     

    自分でもやしを作る方法です。

    私はもやしが好きです。美味しいと思い、よく食べます。
    中国でもやしは二つの種類があります。
    一つは緑豆から育ったもやしで、もう一つは大豆から育ったもやしです。
    私は大豆から育ったもやしが嫌いで、緑豆から育ったもやしが好きです。味が違うので。
    実は、自分にももやしが作れます、簡単です。
    これから、家のもやしの作り方を紹介します。
    先ず、緑豆を90度くらいのお湯に浸します。お湯が緑豆を上回ります。8〜10時間でなければなりません。
    それから、水が流れるのための底が隙間や、小さい穴がある容器を準備してください。(緑豆が落ちないため容器の底の穴が必ず緑豆より小さくなります。)お湯に浸した緑豆を取り出して、底に穴がある容器の中に入れます。水で洗い、乾いた後、湿ったタオルを使い、緑豆にかぶせて、あんまり暑くない場所に置きます。
    そして、五時間くらいごとに水で洗います。3日ぐらい後、もやしが出ました。
    もし会社に行くので、毎日五時間ごとに水でもやしを洗うことができないならば、毎日最低二回洗わなければならない。(よく洗えば、緑豆が早く成長します)
    ちなみに、もう一つ注意しなければならないことは、底に穴があるの容器の口は広い方が良いです。もやしを取る時便利になからです。
    以上がもやしの作り方です。
    興味があったら試みてください。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More