Site Feedback

面白い問題

最近、哲学に関わって”金で買えないもの”を議論する本を読んでいます。
中に初めは金で買えるものが書かれています。
作者は特に極端な例を挙げて見せてくれます。
その中に一番気になるのは誰かを雇って何かを待たせること。
それとも、割増料金を払って列を割り込んで自分を先頭にさせてもらえること。
例えば、遊園地に行くとき、人が大勢並んで列もとても長くて待つには結構時間がかかるでしょう。
遊園地は”割込む資格”を別料金で待つのが嫌でお金を出せるお客さんに売ります。
ほかにも、普通よりお高めのチケットを買えば待つことなしでアトラクションに乗れるというような商売をしています。
それは倫理的に普通な現象だと思いますか?私はそうとは思いませんけれ...
面白いことに、この本は反対の意見も述べています。
それは、クリーニング屋に優先的に取り扱ってほしいなら料金も上乗せされるでしょう。
でも、私たちはそれで不公平さを感じられないのです。
そう考えば、同じことに見えますがクリーニング屋の例をより受け入れられる気がしますね。
まだ読み終わってないけど作者は後でどう反論するか知りたいと思っています。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

     

    面白い[興味深い]問題

    最近、"金で買えないもの"について論じた哲学的な本を読んでいます。

    議論・・・複数名で話し合いをしている様子を思い浮かべます。複数名で行われた対談について書かれている本なのでしたら、"議論"でもいいと思いますが、普通は、本って筆者ひとりが自分の意見を述べてますよね。なので、"論じる[論ずる]"を使ったほうが自然でしょう。

     

    その本の中で、初めに、金で買えるものについて書かれています。

    "金"って言うより"お金"って言ったほうが上品ですよ :D

    お金で買えるものが書かれています・・・ お金で買えるものが、ただリストアップされている様子を思い浮かべます。

    お金で買えるもの"について"書かれています・・・ お金で買えるものそれぞれについての説明や筆者の意見も共に書かれている様子を思い浮かべます。


    作者は特に極端な例を挙げていました。 
    その中一番気になったのは、誰かを雇って自分の代わりに何かを待たせることです
    それと、割増料金を払って列の途中に入れてもらうことです
    例えば、遊園地に行ったときもし人が長い列を作っていると、列がとても長いと、待つのに結構時間がかかるでしょう。

    [例えば、遊園地に行ったとします。もし混んでいれば、アトラクションの待ち時間はかなり長いでしょう。]

    一文一文は、もっと短いほうがいいです。


    遊園地(側)は"割込む資格"を、待つのが嫌で、(かつ、)お金を出せるお客さんに別料金で売ります。

    "別料金"と"売ります"が遠すぎて読みにくいです。


    ほかにも、通常より高めのチケットを買えば[購入すれば]待たずにアトラクションに乗れるというような商売をしています。

    "お高めの"・・・ここには、"お"を付けないほうがいいです。

     

    このようなことは、倫理的に許されることだと思いますか?私はそうとは思いませんけれ...
    面白いことに、この本は反対の意見も述べています。
    それは、クリーニング屋に優先的に取り扱ってほしいなら料金を上乗せするというシステムについでです。
    でも、私たちはそれを不公平だとはあまり感じられないのです。 


    考えてみれば、同じことに見えますが[考えてみれば、本質的には同じですが]クリーニング屋の例のほうがより受け入れられる気がしますね。
    まだ読み終わってないですが、作者は後でこの話をどのように展開していくのか知りたいと思っています。

    けど・・・カジュアル   ですが・・・ちょっとフォーマル


    赤色・・・添削

    青色・・・よりナチュラルになるよう直しましたが、人の好みにもよると思うので、必ずしも直す必要はありません。

    [緑色]・・・他の言い方。参考にどうぞ。

    ピンク・・・コメント

    (   )・・・省略可能

     

    I hope this help you :D

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More