Site Feedback

7月1日ー国民の日

今週の月曜日はカナダの国民の日です。午前中は曇って、午後は晴れました。朝テレビはオタワのいろいろな活動をっ報告していました。議会ビルの前は沢山の人赤いか白い服を着て、コンサートに聞いていました。
主人と私はネトで博物館は今日無料で参加できることを知って、オタワのお祝い活動に行って、ちなみに博物館を見ることにしました。
オタワとHull地域接する広場で(Alexandra橋のそば)人たちはフォーク音楽を聴いていました。楽器は全部リサイクル の材料で作った物です:金属のお皿、自転車ベル 、鉢カバー 、車のナンバープレート(number plate)、そしてチェロとバイオリン の音楽と一緒に演奏しました^^、面白い音楽になりました。
そして綿菓子(cotton candy )を食べました。値段は3.5ドルです。その日は、水を無料で飲めましたが、アイスクリームや ピザなどの食べ物は普通値段の約2.5倍になりました。

その広場のそばには、他の博物館はありました。一階は インディアン 文化を中心で、カナダ昔の住民の生活を描きました。二階は昔の移民の歴史を描きました。第一次世界大戦の後、沢山の人はヨーロッパから、カナダに大船で来ました。船を出発前、友達と家族にさよならを言って、重い木の箱を持って、遠い国に行きました。小さいな船もありました。海に渡った時に、とても危険でした。ある人はそう書いていた”大きな波に襲われ、船は強く揺れて続きました。その様子を見て、生きるチャンスはもう小さいです。。” 音楽と共に、いろいろな人たちの写真を映っていました。そばに古い木の箱を置いていました。その時だけではなく、今日までも人たちはいい生活を求めて、夢を持って、遠い国に行きます。
そして、偶然に麻将が見ました!広東語を喋る二人の会話を聞きました。ホームシックだそうです。
博物館を出て、ゆっくりオタワに行きました。若い人たちに大声で叫んで、楽しそうでした。行きたい博物館は1時間しかいないでした。月曜日で、早めに閉館だそうです。残念でしたね。

そして、。露天ブースでお土産の帽子とTシャツを買いました。早く売り切りたいそうで、最後に全品5ドルでした。主人は嬉でした。でも、家に付いた後、帽子のボタンを落ちました。

写真はフォーク音楽の人です。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More