Site Feedback

初心を忘れないで

台風なものので、汽車は四時間遅くなった。二十七時間乗ったから、大変だよ。いよいよ夕方に北京に来た。
一年ぶり北京に戻った。
相変わらず、北京には人が多過ぎるよ。
だけど、さすが北京、おしゃれな女性が多くて眩しかった。
僕はお酒に弱いのに、社交辞令なので、お酒が飲みすぎた。今までも、頭が痛い。
話が外れたが、本題に戻る。
今の僕の仕事はちょっと国の汚職などに関係がある。だから、自分のペンは鋭い剣のように、絶対に中国の全ての罪を断ち切る。多分大げさだろう(笑)。それにもっと大人になりたい。もっと責任負われるたい。権力や名なども、お金のためでもない。人生の五十年の生涯は儚いものだ。短すぎ、絶対にこの初心を忘れないで戦い。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More