Site Feedback

夏の雨

私は雨が好きだ。子どものころから、夏に入ると、なんだか嫌な気分になる。騒々しいセミの鳴き声と人を溶けるほどの暑さが、限りなく人の心を乱せる。しかし夏には夏ならではの楽しみがある。いちばん私を楽しませられるのは、やはり夏の雨なのだ。猛暑日が続く真夏の最中、雨より人を落ち着けるそして元気をつけられるものはいない。雨が大地を浸みこんで、生命に欠かず水分を与えてくれる。雨が降ったら、気温も下がって少しでも人に涼しさを感じさせる。夏の雨とそよ風が与える涼しみを感じながら雨の粒が窓に叩く音を聞いて、雨に浸みこまれた土の独特な匂いをかいで、どんなに乱された心でも落ち着けられる、まるで神様が私たちにいただいた恩恵のように私はずっと夏の雨が宝物に見なしている。

Share:

 

1 comment

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

     

    夏の雨

    私は雨が好きだ。子どものころから、夏にると、なんだか嫌な気分になる。騒々しいセミの鳴き声と人を溶かすほどの暑さが、限りなく人の心を乱。しかし夏には夏ならではの楽しみがある。いちばん私を楽しませられてくれのは、やはり夏の雨なのだ。猛暑日が続く真夏の最中、雨より人を落ち着けそして元気づけるものはない。雨大地浸みこんで、生命に欠せない水分を与えてくれる。雨が降ったら、気温も下がり僅かでも人に涼しさを感じさせる。夏の雨とそよ風が与えてくれる涼しを感じながら雨の粒が窓叩く音を聞、雨に浸みこまれた土の独特な匂いを嗅ぎ、どんなに乱された心も落ち着ちついてくる、まるで神様が私たちに与えてくれる恵みのように私はずっと夏の雨宝物だと見なしている。

     

    ※文章が上手いですね。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More