Site Feedback

中国の医療環境

僕は医学生なので、中国国内の医療環境をよく知っている

“すべては患者さんのために、患者さんのすべてのために”と、こういう格言を先生から教えてもらっていた

ただし、患者さんが医者に対する信用を失ったが、中国国内の医療環境もう崩壊するようにだんだんなっている

最近、中国のニュスによると、ある赤ん坊が児童病院で死んじゃった、一般的な状況なら、こんな事故がとても普通の事故だ、でも、患児の家族にとって、この赤ん坊がICUのインキュベーターで焼死しまったそうです

もちろん、メディアのミスリードも確かに存在して、だから、事実を知らない民衆が大変怒っている

僕の見方には、そんな病症がSSSS(staphylococcal scalded skin syndrome)らしくて、インキュベーターで焼死することが実現不可能だ

何故なら僕らの医学の教科書の中で、このSSSSが詳しくて描かれて、まるであの患児と同じだ、それに、インキュベーターで焼死することがまったく出鱈目だろうか?

現在の中国民衆は、落ち着かなくて、城管(“ちんぐあん”、中国で、都市の環境、市場などを管理する机関、またはその机関の成員)や医者を恨んでいる、これらの分野が改革しなければならない!(╰_╯)#

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More