Site Feedback

「ハルカトミユキ - "Vanilla"」 翻訳して見た (第二目バージョン)

ビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=vm6V4aBU_Ag

前回答えは一個も得なかった。。この歌が好きから、ギーターを習いたい。
この歌のある部分は、意味がちょっと不確かそうです。
特にあの”僕”とか”君”とか”僕達”とか、人代名詞と主語がないの文に意味が少し分かり難しいと思います。
又は”狂えない”や”壊せない”や”許せない”などのぶんには、誰が誰に許すことができないが分からん。
歌だから意味が少し曖昧のは意図的と思いますか?
助けてください!

「ハルカトミユキ - "Vanilla"」

間違っていた答えは間違ったままで
いつか普通の顔してまた次の春がくる
The answer that was wrong is still wrong;
Wear a normal face someday, and another spring will come.
数え切れないほど失くしたけれど
本当に欲しいものはただ一つだけだった
In spite of losing countlessness,
There's only one thing that I'd truly wanted.
死んだように冷たいキッチンの床に
落ちるただのゴミくずを見間違えた僕は
Strewn dead-like across the icy kitchen floor..
I was mistaken for ordinary fallen garbage.

何をまだ待ってて思い出して
書き殴って破り去っている?
What is it you're still waiting for, recollecting,
Scribbling down, and breaking away from?
何を追いかけて部屋を出て
また戻って繰り返している?
What is it that you're chasing after, leaving home for,
And still coming back for more again?

狂えない 狂えない
狂ってしまえない
どんなに寂しくても
I can't break down.. Won't break me down..
I can't end up breaking down,
No matter how lonely it gets..

記憶が散らばって居場所のない部屋と
これ以上使い道のなくなった言葉
Memories scattered; a room with no place to belong,
And all these words whose time and place had faded away.
全てのきっかけが君だったことを知って
こんな日々にさえ見放された僕は
All those times, I knew exactly what you were,
And this is just how day by day, I was given up on.

壊せない 壊せない
壊してしまえない
また同じ朝が来る
I can't fall apart.. Won't make me fall apart..
I can't end up falling apart..
The same dawn will come again..

狂えない 狂えない
狂ってしまえない
くだらない僕は
I can't break down.. Won't break me down..
I can't end up breaking down..
Oh good-for-nothing me..

許せない 許せない
許してあげたい
あの頃の僕たちを
Can't just forgive... Won't be forgiven..
I want to forgive us,
The us of way back then.

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More