Site Feedback

微笑みの役割(パート1)

きょうは、人間の微笑みの役割についてお話ししたいと思います。
 皆さん、初めて微笑んだのはいつですか。ふつうはうまれてから三十五日目から四十日目の間だと思われています。遅くて三ヶ月目です。赤ちゃんは知っている人を見る時に喜びを表すために微笑みます。ちょうわのよくとれた音を聞いてい る時も食事が終わる時も微笑みます。そして大人の顔を真似しながら微笑みに色々な感情をつける事を覚えていきます。微笑みは言葉に表せない事 を表すための方法です。微笑はけっしてただ笑い声に類似したものではなくて色々な世界を創造しています。たとえば、恋する人の幸福な微笑みと臆病な人の面食らったときの微 笑みと誘惑者のひとのこころに取り入る事の上手な微笑み、それから仏の孤独の微笑みなどはそれぞれのせかいをつくっています。微笑は開放した心の窓です。でも、あたりを見回して下さい。微笑を帯びた顔がとても少なくて、陰気な人が多いです。
   積極的な感情や笑い声や微笑は人体の機能、食欲、気分そして睡眠によい影響を与えると昔から皆知っています。病人は微笑めば微笑むほど早く回復していきます。もちろん微笑みは病気を治療しません。しかし微笑むと失望するきもちがすくなくなって積極的な感情に成ります。結局のところこのおかげで全快することもあります。しわが伸びて、顔が若返って、年齢の如何を問わず人間は美しく成ります。  
   微笑みは神々しい贈り物で心や理性のあらわれです。ほほえみは人々の生活を明るくしています。鏡がなかったらどんな場合でも人は自分の微笑みを見ることができません。微笑みは あなたの側にいる人達の喜びを感じるために向いています。微笑は家で幸福を作ったり、ビジネスで好意てきな空気を作り上げたり、友達のために合言葉として使われたりします。微笑みは貴重品であり真心から出さなければ誰のためにもなりません。売ることが出来ないし、買えないし、貸せないし、盗むことも出来ません。微笑は誰にもおんけいをあたえることが出来るきわめて貴重な贈り物です。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

     

    微笑みの役割(パート1)

    きょうは、人間の微笑みの役割についてお話ししたいと思います。
     皆さん、初めて微笑んだのはいつですか。普通はうまれてから三十五日目から四十日目の間だと思われています。遅くて三ヶ月目です。赤ちゃんは知っている人を見る時に喜びを表すために微笑みます。調和のよくとれた音を聞いてい る時も食事が終わる時も微笑みます。そして大人の顔を真似しながら微笑みに色々な表情をつける事を覚えていきます。微笑みは言葉に表せない事 を表すための方法です。微笑はけっして単に笑い声に類似したものではなくて色々な世界を創造しています。たとえば、恋する人の幸福な微笑みと臆病な人の面食らったときの微 笑みと誘惑者のひとのこころに取り入る事の上手な微笑み、それから仏の孤独微笑みなどはそれぞれの世界創り上げています。微笑は外に向けて開かれた心の窓です。でも、あたりを見回して下さい。微笑を帯びた顔がとても少なくて、陰気な人が多いです。
       積極的な感情や笑い声や微笑は人体の機能、食欲、気分そして睡眠によい影響を与えると昔から皆知っています。病人は微笑めば微笑むほど早く回復していきます。もちろん微笑みは病気を治療しません。しかし微笑むと失望する気持ちがすくなくなって積極的な感情に成ります。結局のところこのおかげで全快することもあります。しわが伸びて、顔が若返って、年齢の如何を問わず人間は美しく成ります。  
       微笑みは神々しい贈り物で心や理性のあらわれです。ほほえみは人々の生活を明るくしています。鏡がなかったらどんな場合でも人は自分の微笑みを見ることができません。微笑みは あなたの側にいる人達の喜びを感じるために向いています「?」。微笑は家族を幸福にしたり、ビジネスで好意な空気を作り上げたり、友達に対してのメッセージとして使われたりします。微笑みは貴重品であり真心から出さなければ誰のためにもなりません。売ることが出来ないし、買えないし、貸せないし、盗むことも出来ません。微笑は誰に恩恵をあたえることが出来るきわめて貴重な贈り物です。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More