Site Feedback

Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 1

Jag har översatt en japansk barnbok, bara för skojs skull. Om du har tid och lust att rätta min text så vore jag jätteglad.

--------------

100万年も しなない ねこが いました。
Det var en katt som inte dog på en miljon år.

100万回も しんで 100万回も 生きたのです。
Han dog en miljon gånger och återuppstod en miljon gånger.

りっぱな とらねこでした。
Han var en fin tiger randigkatt.

100万人の 人が そのねこを かわいがり
En miljon människor tyckte mycket om katten,

100万人の人が そのねこが しんだとき なきました。
och en miljon människor grät när han dog.

ねこは 1回も なきませんでした。
Katten grät inte ens en enda gång.

あるとき ねこは 王さまの ねこでした。
En gång var katten kungens katt.

ねこは 王さまなんか きらいでした。
Katten tyckte inte om kungen alls.

王さまは せんそうが じょうずで いつも せんそうを していました。
Kungen var duktig på att kriga och gjorde det jämt.

そして ねこを りっぱな かごに いれて せんそうに つれていきました。
Han satte katten i en fin bur och tog med sig honom till olika krig.

ある日 ねこは とんできた やに あたって しんでしまいました。
En dag dog katten av en pil som träffade honom.

王さまは たたかいの まっさいちゅうに ねこを だいて なきました。
Kungen grät mitt i striden med katten i hans famn.

王さまは せんそうを やめて おしろに 帰ってきました。
Kungen slutade att kriga och återvände till slottet.

そして おしろの にわに ねこを うめました。
Och sedan begravde han katten i slottets trädgård.

あるとき ねこは 船のりの ねこでした。
En gång var katten en sjömans katt.

ねこは 海なんか きらいでした。
Katten tyckte inte om hav alls.

船のりは せかいじゅうの 海と せかいじゅうの みなとに ねこを つれていきました。
Sjömannen tog katten till alla hav och alla hamnar i hela världen.

ある日 ねこは 船から おちてしまいました。 ねこは およげなかったのです。
En dag föll katten från skeppet. För katten kunde inte simma.

船のりが いそいで あみで すくいあげると
När sjömannen tagit ut katten ur vattnet,

ねこは びしょぬれになって しんでいました。
var han redan genomblöt och död.

船のりは ぬれた ぞうきんのようになった ねこを だいて
Sjömannen grät högt med katten i famnen som blivit som en blöt trasa.

大きな声で なきました。 そして遠い みなと町の
Och sedan begravde han katten

こうえんの 木の下に ねこを うめました。
under ett trä i parken i en hamnstad långt bort.

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 1

    Jag har översatt en japansk barnbok, bara för skojs skull. Om du har tid och lust att rätta min text så vore jag jätteglad.

    --------------

    100万年も しなない ねこが いました。
    Det var en katt som inte dog på en miljon år.

    100万回も しんで 100万回も 生きたのです。
    Han dog en miljon gånger och återuppstod en miljon gånger.

    りっぱな とらねこでした。
    Han var en fin tigerrandig katt.

    100万人の 人が そのねこを かわいがり
    En miljon människor tyckte mycket om katten,

    100万人の人が そのねこが しんだとき なきました。
    och en miljon människor grät när han dog.

    ねこは 1回も なきませんでした。
    Katten grät inte ens en enda gång.

    あるとき ねこは 王さまの ねこでした。
    En gång var katten kungens katt.

    ねこは 王さまなんか きらいでした。
    Katten tyckte inte om kungen alls.

    王さまは せんそうが じょうずで いつも せんそうを していました。
    Kungen var duktig på att kriga och gjorde det jämt.

    そして ねこを りっぱな かごに いれて せんそうに つれていきました。
    Han satte katten i en fin bur och tog med sig honom till olika krig.

    ある日 ねこは とんできた やに あたって しんでしまいました。
    En dag dog katten av en pil som träffade honom.

    王さまは たたかいの まっさいちゅうに ねこを だいて なきました。
    Kungen grät mitt i striden med katten i hans famn.

    王さまは せんそうを やめて おしろに 帰ってきました。
    Kungen slutade att kriga och återvände till slottet.

    そして おしろの にわに ねこを うめました。
    Och sedan begravde han katten i slottets trädgård.

    あるとき ねこは 船のりの ねこでした。
    En gång var katten en sjömans katt.

    ねこは 海なんか きらいでした。
    Katten tyckte inte om hav alls.

    船のりは せかいじゅうの 海と せかいじゅうの みなとに ねこを つれていきました。
    Sjömannen tog katten till alla hav och alla hamnar i hela världen.

    ある日 ねこは 船から おちてしまいました。 ねこは およげなかったのです。
    En dag föll katten från skeppet. Katten kunde inte simma.

    船のりが いそいで あみで すくいあげると
    När sjömannen tagit ut katten ur vattnet,

    ねこは びしょぬれになって しんでいました。
    var han redan genomblöt och död.

    船のりは ぬれた ぞうきんのようになった ねこを だいて
    Sjömannen grät högt med katten i famnen som blivit som en blöt trasa.

    大きな声で なきました。 そして遠い みなと町の
    Och sedan begravde han katten

    こうえんの 木の下に ねこを うめました。
    under ett träd i en park, i en hamnstad långt bort.

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Swedish

    Show More