Site Feedback

Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 2

Jag har översatt en japansk barnbok, bara för skojs skull. Om du har tid och lust att rätta min text så vore jag jätteglad.
--------------

あるとき ねこは サーカスの 手品つかいの ねこでした。
En gång var katten en magikers katt på cirkus.

ねこは サーカスなんか きらいでした。
Katten tyckte inte om cirkus alls.

手品つかいは 毎日 ねこを はこの中に 入れて
Magikern satte katten i en låda

のこぎりで まっぷたつに しました。
och skar den i två delar med sågen varje dag.

それから まるのままのねこを はこから とりだし はくしゅかっさいを うけました。
Och sedan tog han ut den hela katten ur lådan och fick stora applåder.

ある日 手品つかいは まちがえて ほんとうに ねこを
En dag råkade magikern skära katten i två delar på riktigt

まっぷたつに してしまいました。
av misstag.

手品つかいは まっぷたつに なってしまった ねこを 両手に ぶらさげて
Magikern grät högt med katten i två delar

大きな声で なきました。
hängande från hans båda händer.

だれも はくしゅかっさいを しませんでした。
Ingen gjorde applåder åt honom.

手品つかいは サーカス小屋の うらに ねこを うめました。
Magikern begravde katten bakom cirkuskojan.

あるとき ねこは どろぼうの ねこでした。
En gång var katten en tjuvs katt.

ねこは どろぼうなんか だいきらいでした。
Katten tyckte inte om tjuven alls.

どろぼうは ねこと いっしょに くらい町を ねこのように しずかに歩きまわりました。
Tjuven gick tyst som en katt runt den mörka staden med katten.

どろぼうは いぬのいる 家にだけ どろぼうに はいりました。
Tjuven rövade bara från husen med hundar.

いぬが ねこに ほえている あいだに
Medan hundarna skällde på katten,

どろぼうは 金庫を こじあけました。
dyrkade upp tjuven kassaskåpet.

ある日 ねこは いぬに かみころされてしまいまいした。
En dag blev katten biten av en hund och dog.

どろぼうは ぬすんだ ダイヤモンドと いっしょに ねこをだいて
Tjuven höll i famnen katten tillsammans med de stulna diamanterna

夜の町を 大きな声で なきながら 歩きました。
och gick runt staden på natten samtidigt som han grät högt.

そして 家に帰って 小さなにわに ねこを うめました。
Och sedan kom han hem och begravde katten i en liten gård.

あるとき ねこは ひとりぼっちの おばあさんの ねこでした。
En gång var katten en ensamboende tants katt.

ねこは おばあさんなんか だいきらいでした。
Katten tyckte inte om tanten alls.

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 2

    Jag har översatt en japansk barnbok, bara för skojs skull. Om du har tid och lust att rätta min text så vore jag jätteglad.
    --------------

    あるとき ねこは サーカスの 手品つかいの ねこでした。
    En gång var katten en magikers katt på cirkus.

     

    En gång tillhörde katten en magiker på cirkus.

    ねこは サーカスなんか きらいでした。
    Katten tyckte inte om cirkus alls.

     

    Katten tyckte inte alls om att arbeta på cirkus.


    手品つかいは 毎日 ねこを はこの中に 入れて
    Magikern satte katten i en låda

    のこぎりで まっぷたつに しました。
    och skar den i två delar med sågen varje dag.

    それから まるのままのねこを はこから とりだし はくしゅかっさいを うけました。
    Och sedan tog han ut den hela katten ur lådan och fick stora applåder.

     

    Sedan tog han ut den hela katten ur lådan och fick stora applåder. ("och" onödigt)


    ある日 手品つかいは まちがえて ほんとうに ねこを
    En dag råkade magikern skära katten i två delar på riktigt

    まっぷたつに してしまいました。
    av misstag.


    手品つかいは まっぷたつに なってしまった ねこを 両手に ぶらさげて
    Magikern grät högt med katten i två delar

    大きな声で なきました。
    hängande från hans båda händer.

     

    Väldigt bra översatt här.

    だれも はくしゅかっさいを しませんでした。
    Ingen gjorde applåder åt honom.

     

    Ingen applåderade.


    手品つかいは サーカス小屋の うらに ねこを うめました。
    Magikern begravde katten bakom cirkuskojan.

     

    Cirkuskojan? Menar du cirkustältet?

     

    あるとき ねこは どろぼうの ねこでした。
    En gång var katten en tjuvs katt.

     

    En gång tillhörde katten en tjuv.
    ねこは どろぼうなんか だいきらいでした。
    Katten tyckte inte om tjuven alls.

    どろぼうは ねこと いっしょに くらい町を ねこのように しずかに歩きまわりました。
    Tjuven gick tyst som en katt runt den mörka staden med katten.

     

    Tjuven gick tyst som en katt runt den mörka staden tillsammans med katten. (Annars kan det verka som att katten tillhör staden.)
    どろぼうは いぬのいる 家にだけ どろぼうに はいりました。
    Tjuven rövade bara från husen med hundar.

     

    Tjuven rövade bara från de hus där det bodde hundar. (Meningen ovan är tekniskt korrekt men låter konstigt.)
    いぬが ねこに ほえている あいだに
    Medan hundarna skällde på katten,

    どろぼうは 金庫を こじあけました。
    dyrkade upp tjuven kassaskåpet.

    ある日 ねこは いぬに かみころされてしまいまいした。
    En dag blev katten biten av en hund och dog.

    どろぼうは ぬすんだ ダイヤモンドと いっしょに ねこをだいて
    Tjuven höll i famnen katten tillsammans med de stulna diamanterna

     

    Tjuven höll katten i famnen tillsammans ...
    夜の町を 大きな声で なきながら 歩きました。
    och gick runt staden på natten samtidigt som han grät högt.

    そして 家に帰って 小さなにわに ねこを うめました。
    Och sedan kom han hem och begravde katten i en liten gård.

     

    Sedan...
    あるとき ねこは ひとりぼっちの おばあさんの ねこでした。
    En gång var katten en ensamboende tants katt.

    En gång tillhörde katten en ensamboende tant. (var en... *s katt - detta är tekniskt korrekt men låter konstigt. "En gång bodde katten hos en ensamboende tant" kan du också skriva.
    ねこは おばあさんなんか だいきらいでした。
    Katten tyckte inte om tanten alls.

     

    Katten tyckte inte alls om tanten.


    Tror båda varianterna funkar men "inte alls om" låter naturligare för mig i alla fall!


    Bra jobbat!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Swedish

    Show More