Site Feedback

Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 3

Jag har översatt en japansk barnbok, bara för skojs skull. Om du har tid och lust att rätta min text så vore jag jätteglad.
--------------

おばあさんは 毎日 ねこをだいて 小さなまどから 外を 見ていました。
Tanten tittade ut ur det lilla fönstret med katten i famnen varje dag.

ねこは 一日じゅう おばあさんの ひざの上で ねむっていました。
Katten sov på hennes knän hela dagen.

やがて ねこは 年をとって しにました。
En dag dog katten av ålderdom.

よぼよぼの おばあさんは よぼよぼの しんだねこを だいて
Den skruttiga tanten höll den skruttiga döda katten i famnen

一日じゅう なきました。
och grät hela dagen.

おばあさんは にわの 木の下に ねこを うめました。
Tanten begravde katten under ett trä i trädgården.

あるとき ねこは 小さな 女の子の ねこでした。
En gång tillhörde katten en liten flicka.

ねこは 子どもなんか だいきらいでした。
Katten tyckte inte alls om flickan.

女の子は ねこを おんぶしたり しっかり だいて ねたりしました。
Flickan höll katten på ryggen och sov medan hon höll honom hårt i famnen.

ないたときは ねこの せなかで なみだを ふきました。
När hon grät torkade hon sina tårar bort med kattens rygg.

ある日 ねこは 女の子の せなかで おぶいひもが
En dag dog katten på hennes rygg av kopplet

首に まきついて しんでしまいました。
som satt runt dess hals.

ぐらぐらの頭に なってしまった ねこを だいて
Med katten med det slappa huvudet i famnen,

女の子は 一日じゅう なきました。 そして ねこを
grät flickan hela dagen.

にわの 木の下に うめました。
Sedan begravde hon katten under ett träd i trädgården.

ねこは しぬのなんか へいきだったのです。
Katten brydde sig inte ett dugg om att dö.

あるとき ねこは だれの ねこでも ありませんでした。
En gång tillhörde katten ingen.

のらねこだったのです。
En vildkatt var han.

ねこは はじめて 自分の ねこに なりました。
För första gången blev han sin egen katt.

ねこは 自分が だいすきでした。
Han tyckte mycket om sig själv.

なにしろ りっぱな とらねこだったので りっぱな のらねこに なりました。
Eftersom han var en jättefin tiger randigkatt, blev han en jättefin vildkatt.

どんな めすねこも ねこの およめさんに なりたがりました。
Alla honkatter ville vara hans fru.

大きなさかなを プレゼントする ねこも いました。
Det var en katt som gav honom en stor fisk.

上等のねずみを さしだす ねこも いました。
Det var en annan katt som gav honom en fin mus.

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 3

    Jag har översatt en japansk barnbok, bara för skojs skull. Om du har tid och lust att rätta min text så vore jag jätteglad.
    --------------

    おばあさんは 毎日 ねこをだいて 小さなまどから 外を 見ていました。
    Tanten tittade ut ur det lilla fönstret varje dag och hade katten i sin famn.

    ねこは 一日じゅう おばあさんの ひざの上で ねむっていました。
    Katten sov på hennes knän hela dagen.

    やがて ねこは 年をとって しにました。
    En dag dog katten av ålderdom.

    よぼよぼの おばあさんは よぼよぼの しんだねこを だいて
    Den skruttiga tanten höll den skruttiga döda katten i famnen

    一日じゅう なきました。
    och grät hela dagen.

    おばあさんは にわの 木の下に ねこを うめました。
    Tanten begravde katten under ett träd i trädgården.

    あるとき ねこは 小さな 女の子の ねこでした。
    En gång tillhörde katten en liten flicka.

    ねこは 子どもなんか だいきらいでした。
    Katten tyckte inte alls om flickan.

    女の子は ねこを おんぶしたり しっかり だいて ねたりしました。
    Flickan höll katten på ryggen och sov medan hon höll honom hårt i famnen.

    ないたときは ねこの せなかで なみだを ふきました。
    När hon grät torkade hon sina tårar på kattens rygg.

    ある日 ねこは 女の子の せなかで おぶいひもが
    En dag dog katten på hennes rygg av kopplet

    首に まきついて しんでしまいました。
    som satt runt dess hals.

    ぐらぐらの頭に なってしまった ねこを だいて
    Med katten och det slappa huvudet i famnen 

    女の子は 一日じゅう なきました。 そして ねこを
    grät flickan hela dagen.

    にわの 木の下に うめました。
    Sedan begravde hon katten under ett träd i trädgården.

    ねこは しぬのなんか へいきだったのです。
    Katten brydde sig inte ett dugg om att den dött.

    あるとき ねこは だれの ねこでも ありませんでした。
    En gång tillhörde katten ingen.

    のらねこだったのです。
    Katten var en vildkatt.

    ねこは はじめて 自分の ねこに なりました。
    För första gången blev han sin egen katt.

    ねこは 自分が だいすきでした。
    Han tyckte mycket om sig själv.

    なにしろ りっぱな とらねこだったので りっぱな のらねこに なりました。
    Eftersom han var en jättefin tigerrandig katt, blev han en jättefin vildkatt.

    どんな めすねこも ねこの およめさんに なりたがりました。
    Alla honkatter ville vara med honom.

    大きなさかなを プレゼントする ねこも いました。
    En katt gav honom en stor fisk.

    上等のねずみを さしだす ねこも いました。
    En annan katt gav honom en fin mus.

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Swedish

    Show More