Site Feedback

Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 4

Jag har översatt en japansk barnbok, bara för skojs skull. Om du har tid och lust att rätta min text så vore jag jätteglad.
--------------

めずらしい またたびを おみやげにする ねこも いました。
Det var även en katt som tog med sig sällsynt kattmynta som souvenir.

りっぱな とらもようを なめてくれる ねこも いました。
Det var en katt som slickade hans fina randig päls.

ねこは いいました。
Katten sa:

「おれは 100万回も しんだんだぜ。いまさら おっかしくて!」
"Jag har redan dött så många gånger som en miljon gånger. Ingen kan förvänta mig att älska någon!"

ねこは だれよりも 自分が すきだったのです。
Katten tyckte om sig själv mer än någon annan.

たった 1ぴき ねこに 見むきも しない
Det var en fin vit katt

白い うつくしい ねこが いました。
som var den enda som inte visade något intresse för honom.

ねこは 白いねこの そばに いって
Katten närmade sig till den vita katten och sa:

「おれは 100万回も しんだんだぜ!」 と いいました。
"Jag har dött så många gånger som en miljon gånger!"

白いねこは
Den vita katten sa:

「そう。」
"Är det så,"

と いったきりでした。
och inget mer.

ねこは すこし はらをたてました。
Det gjorde katten lite arg.

なにしろ 自分が だいすきでしたからね。
För han tyckte mycket om sig själv.

つぎの日も つぎの日も ねこは 白いねこの ところへいって いいました。
Nästa dag och nästnästa dag gick han till den vita katten och sa:

「きみは まだ 1回も 生きおわって いないんだろ。」
"Du har inte levt färdigt en enda gång eller?"

白いねこは
Den vita katten sa:

「そう。」
"Är det så,"

と いったきりでした。
och inget mer.

ある日 ねこは 白いねこの前で
En dag gjorde katten framför den vita katten

くるくると 3回 ちゅうがえりをして いいました。
tre kullerbyttor och sa:

「おれ サーカスの ねこだったことも あるんだぜ。」
"Jag har varit en cirkuskatt förr."

白いねこは
Den vita katten sa:

「そう。」
"Är det så,"

と いったきりでした。
och inget mer.

「おれは100万回も・・・・・・。」
"Jag har levt en milj..."

と いいかけて ねこは
höll han på att säga, men i stället frågade han henne:

「そばに いても いいかい。」
"Gör det något om jag är med dig?"

と 白いねこに たずねました。

白いねこは
"Nej."

「ええ。」

と いいました。
sa hon.

白いねこは かわいい 子ねこを たくさん うみました。
Den vita katten födde många söta kattungar.

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 4

    Jag har översatt en japansk barnbok, bara för skojs skull. Om du har tid och lust att rätta min text så vore jag jätteglad.
    --------------

    めずらしい またたびを おみやげにする ねこも いました。
    En annan katt tog med sig sällsynt kattmynta som souvenir.

    りっぱな とらもようを なめてくれる ねこも いました。
    Det var en honkatt som slickade hans fina randiga päls.

    ねこは いいました。
    Hankatten sa:

    「おれは 100万回も しんだんだぜ。いまさら おっかしくて!」
    "Jag har redan dött en milljon gånger. Tro inte att jag kan älska någon!"

    ねこは だれよりも 自分が すきだったのです。
    Katten tyckte om sig själv mer än någon annan.

    たった 1ぴき ねこに 見むきも しない
    Honkatten var en fin vit katt

    白い うつくしい ねこが いました。
    som var den enda som inte visade något intresse för honom.

    ねこは 白いねこの そばに いって
    Katten närmade sig till den vita katten och sa:

    「おれは 100万回も しんだんだぜ!」 と いいました。
    "Jag har dött minst en miljon gånger!"

    白いねこは
    Den vita katten sa:

    「そう。」
    "Är det så,"

    と いったきりでした。
    och inget mer.

    ねこは すこし はらをたてました。
    Det gjorde katten lite arg.

    なにしろ 自分が だいすきでしたからね。
    För han tyckte mycket om sig själv.

    つぎの日も つぎの日も ねこは 白いねこの ところへいって いいました。
    Nästnästa dag gick han till den vita katten och sa:

    「きみは まだ 1回も 生きおわって いないんだろ。」
    "Har du inte levt färdigt en enda gång eller?"

    白いねこは
    Den vita katten sa:

    「そう。」
    "Är det så,"

    と いったきりでした。
    och inget mer.

    ある日 ねこは 白いねこの前で
    En dag gjorde katten tre kullerbyttor 

    くるくると 3回 ちゅうがえりをして いいました。
    framför den vita katten och sa:

    「おれ サーカスの ねこだったことも あるんだぜ。」
    "Jag har varit en cirkuskatt förr."

    白いねこは
    Den vita katten sa:

    「そう。」
    "Är det så,"

    と いったきりでした。
    och inget mer.

    「おれは100万回も・・・・・・。」
    "Jag har levt en milj..."

    と いいかけて ねこは
    höll han på att säga, 

    「そばに いても いいかい。」 

    と 白いねこに たずねました。

    men i stället frågade han henne:
    "Gör det något om jag är med dig?"

     

    白いねこは

    「ええ。」 

    と いいました。 

    "Nej" sa den vita katten.

    白いねこは かわいい 子ねこを たくさん うみました。
    Den vita katten födde många söta kattungar.

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Swedish

    Show More