Site Feedback

Kan någon rätta min översättning av en japansk barnbok? 5

Det här är den sista delen av berättelsen.

--------------
Original texten

ねこは もう 「おれは、 100万回も......。」 とは、決して 言いませんでした。
ねこは、 白いねこと たくさんの 子ねこを、 自分よりも すきなくらいでした。
やがて、 子ねこ達は大きくなって、 それぞれ どこかへ 行きました。
「あいつらも りっぱな のらねこに なったなあ。」
と、 ねこは満足して言いました。
「ええ。」 と 白いねこは 言いました。
そして、 グルグルと やさしく のどを 鳴らしました。

白いねこは、 すこし おばあさんに なっていました。
ねこは、 いっそう やさしく、 グルグルと のどを ならしました。
ねこは、 白いねこと いっしょに、 いつまでも 生きていたいと 思いました。

ある日、 白いねこは、 ねこの となりで、 しずかに うごかなく なっていました。
ねこは、 はじめて 泣きました。
夜になって、 朝になって、 また 夜になって、 朝になって、 100万回も泣きました。
朝になって、 夜になって、 ある日の お昼に、 ねこは 泣きやみました。

ねこは、 白いねこの となりで、 しずかに うごかなく なりました。

ねこは もう、 けっして 生きかえりませんでした。

----------------------------
Min översättning

Aldrig igen sa katten:
"Jag har levt en miljon gånger..."
Katten tyckte om den vita katten och alla många kattungarna ännu mer än sig själv.
En dag blev kattungarna stora och de flyttade alla hemifrån.
"De har också blivit riktiga vildkatter, eller hur?" sa katten med nöje.
"Verkligen." sa den vita katten och spann lugnt.

Den vita katten var nu lite gammal.
Hon spann ännu lugnare.
Katten ville leva med den vita katten för evigt.

En dag låg den vita katten stilla och orörlig bredvid katten.
För första gången grät katten. Natten kom, morgonen kom, och sedan kom natten och morgonen.
Katten grät en miljon gånger.
Morgonen kom, natten kom, och en eftermiddag slutade katten att gråta.

Katten blev stilla och orörlig bredvid den vita katten.

Aldrig mer kom katten tillbaka till livet.

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Swedish

    Show More