Site Feedback

要約 (please help me correct this abstract, i must collect it soon. arigatou.)

島田洋七の 佐賀のがばいばあちゃん におけるの道徳的な価値:物語の事実やテーマ分析

佐賀のがばいばあちゃんは島田洋七の小説で、2004年に出版しました。これは彼の幼年期についてを教えてくれた小説です。彼はがばいばあちゃんと佐賀に住んでいたときを話していました。この小説のテーマは二つに分かれていて、大きなテーマとマイナーテーマです。大きなテーマは、平易と闘争心で生活を送って、マイナーテーマは幸福な生活を送る、子供の無邪気さと勤勉だ。この小説は著者が読者に道徳的な価値を話したいは何ですかという物質です。

本研究の目的は、この小説によって語ら道徳的な価値を分析するためのものです。その前に、やって作家は物語を構築する要素を分析するようなの物語の事実(プロット、性格と特性、設定)やテーマ、またロバート•スタントンの理論ですべての要素の関係を分析しています。

研究の結果は佐賀のがばいばあちゃんという小説の道徳的な価値がシンプルな生活をしていて、材料やお金によって数えることができませんから誰もが幸せになることができる、信念と決してあきらめない、勤勉ですべての物事が成功を与えるとのことが行われている。
キーワード:物語の事実、テーマ、道徳的価値

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More