Site Feedback

赤い飛行機

この赤い飛行機は(写真をご覧ください)「紅の豚」というスタジオジブリの映画に表れました。この飛行機は本当に存します、これは1926年にイタリアで作りました。戦うために作らなかったでもスピードレースのために作りました。その名前はマッキM39です。
1913年から1931年までシュナイダー・トロフィー(Schneider Trophy)がありました、これは水上機だけのスピードレースです。
1926年にこのスピードレースはマッキM39が勝ちました。
今は博物館にこの飛行機があります。

Share:

 

7 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    赤い飛行機

    この赤い飛行機は(写真をご覧ください)「紅の豚」というスタジオジブリの映画に登場しました。この飛行機は本当に存在(実在)しますが、戦争のためではなく、スピードレース用に作られました。名前はマッキM39です。
    1913年から1931年までシュナイダー・トロフィー(Schneider Trophy)がありました、これは水上機だけのスピードレースです。
    1926年にこのスピードレースはマッキM39が勝ちました。
    今は博物館にこの飛行機が展示されています。

     

    本物があったんですね!!「飛べない豚はただの豚だ。」

    赤い飛行機

    この赤い飛行機は(写真をご覧ください)「紅の豚」というスタジオジブリの映画に出てき表れました。この飛行機は本当に存在します、これは1926年にイタリアで作られました。戦うためではなくに作らなかったでもスピードレースのために作られました。その名前はマッキM39です。
    1913年から1931年までシュナイダー・トロフィー(Schneider Trophy)という大会がありました。これは水上機だけのスピードレースです。
    1926年にこのスピードレースはマッキM39が勝ちました。
    今は博物館にこの飛行機があります。

    赤い飛行機

    この赤い飛行機は(写真をご覧ください)「紅の豚」というスタジオジブリの映画に表れました。この飛行機は本当に存在します、これは1926年にイタリアで作られました。戦うためではなく作らなかったでもスピードレースのために作られました。その名前はマッキM39です。
    1913年から1931年までシュナイダー・トロフィー(Schneider Trophy)という大会がありました、これは水上機だけのスピードレースです。
    1926年にこのスピードレースはマッキM39が勝ちました。
    今は博物館にこの飛行機があります。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More