Site Feedback

半沢直樹

 

「やられたら、やり返す。」上司である浅野支店長にはめられた融資課長の半沢直樹は西大阪スチールの東田社長が海外銀行の隠し口座を突き止め、マニラに移動させられる前に見事に騙し取られた五億を回収した。そして、彼は決定的な証拠で東田から見返りをもらった浅野に謝罪させ、彼を利用して東京中央銀行の本部に行くことになった。その部下の連中もそれぞれに望みの所に出向させられた。
いつも明るくて半沢のことを支えてくれた妻。誘い込まれたとしても自分の課長を裏切らない部下たち。そして役に立った情報を集めて彼に提供した友達。彼らがいなければ、半沢はきっとこの危機を乗り越えなかっただろう。
半沢直樹は銀行員としてすごいストレスを抱えているそうだ。深夜まで家に帰るのは普通だ。そう言えば、多くの日本人は働き過ぎで倒れたこともよく聞こえた。過労で体を壊す。過労で死んでしまう。私はそれらが人事を尽くすことも責任を取ることもないと思う。病気になったら、家族にも会社にも迷惑をかけるにすぎない。だから、一番大切なのは健康だ。やる気がなくなるのは駄目だけど、やり過ぎるのもよくないことだ。みんな、お体をお大事に。

Share:

 

2 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More