Site Feedback

酔いっばなし

現地スタッフより要件提出⇒上長検証⇒社内検討⇒本社へ報告⇒本社社内検討⇒指示提示⇒稟議申請⇒実行
というのは海外に進出した日系企業において、一般的な仕事スタイルです。

慎重に進むのが大事ですが、動きの早いローカル系また欧米系に打ち勝てるかの話です。

相手はぼんやりするうちに、先に動いたらそれなりのリスクがもちろんありますが、
逆に考えれば、もし勝ったら大穴かもしれませんし、通常より稼げるなら賭ける価値も十分あるでしょう。
あいにくですが、日系企業に欠けるのはこういう一か八かのギャンブラー精神です。

ところで、まともな商売なんて存在しないと、私は思います。
わかりやすく言えば、相手のお金をいかに取ろうとするのが、商売そのものです。

連結決算や本社側のお偉いさんの顔色など、こういうことばかりに足を取られて本当にいいんですか?

別に法律を破れッと言ってるわけじゃないけれども、白と黒の真ん中に灰色という部分があります。
明らかな違法行動をしない限り、灰色部分だけなら何の問題もありません。
むしろこの灰色部分を利用し、事業を成功させた経営者こそ、賢明だと思われます。

お酒の勢いでぶっちゃけました。
どうかお気になさらずに。

Share:

 

1 comment

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More