Site Feedback

「いただきます」の気持ち

日本のドラマでよくこういう場面が見られます。日本の方は一人だけでご飯を食べるときも、小さい声で「いただきます」というながら、ご飯を食べ始めます。大学の先生の話によると、「いただきます」は食事を用意してくれた人やご馳走をしてくれる人への礼儀、そしてこれから口に入れる食べ物への感謝の気持ちです。
そして食事をする時も、用意した食べ物をきれいに食べたのは日本人の習慣ですが、中国では少し残したほうが礼儀正しいです。そういうことで、日本人の友達は中国人の引取り先と一緒に食事をする時、相手はたくさん料理を注文して、せっかく一所懸命にきれいに食べたのに、相手は足りないと思ってまた新しい料理をどんどん注文したという状況がよくあると言いました。これは日中文化の違いですね。
 しかし、いま中国でも、節約を主張して、「光皿行動」を実行しています。うちでも毎日食べ物を粗末しないようにしています。ちいちゃい種からおいしい料理になるまで食べ物が本当に長い旅をしました。なので、自分の生命を存続させてくれる食べ物をもう少し大切にしてもいいと思います。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    「いただきます」の気持ち

    日本のドラマでよくこういう場面が見られます。日本の方は一人だけでご飯を食べるときも、小さい声で「いただきます」という言いながら、ご飯を食べ始めます。大学の先生の話によると、「いただきます」は食事を用意してくれた人やご馳走をしてくれる人への礼儀、そしてこれから口に入れる食べ物への感謝の気持ちです。
    そして食事をする時も、用意された食べ物をきれいに食べのは日本人の習慣ですが、中国では少し残したほうが礼儀正しいです。そういうことわけで、日本人の友達は中国人の引取り先と一緒に食事をする時、相手はたくさん料理を注文して、せっかく一所懸命にきれいに食べたのに、相手は足りないと思ってまた新しい料理をどんどん注文したという状況がよくあると言いました。これは日中文化の違いですね。
     しかし、いま中国でも、節約を主張して、「光皿行動」を実行しています。うちでも毎日食べ物を粗末しないようにしています。ちちゃい種からおいしい料理になるまで食べ物が本当に長い旅をしました。なので、自分の生命を存続させてくれる食べ物をもう少し大切にしてもいいと思います。

     

    家庭では食べ物を残さず食べるのが普通ですが、スーパーやレストランなどでは、残った(売れなかった、または使わなかった)食べ物を簡単に捨てます。中国から日本に留学に来ていた私の友人は、レストランでアルバイトをして、すっかりその「廃棄」の習慣が嫌いになりました。これは、日本の社会で暮らさないとわからない事実のひとつですね。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More