Site Feedback

私の好きな場所 (2)

 

日本にとって、好きな場所がたくさんあります。たとえば龍安寺の石庭です。朝はだれもいない時があれば、とても静かなところです。一人で石庭を拝む時(見る時)熟考できたら、いつも 余裕綽々になります。
私は江戸東京博物館も好きです。私は、励起しにきょうみがあるので、とても面白いところだと思います。ボランティアガイドがいます。ガイドはとても優しくててあたまがいい人だし、英語の背つめは分かりやすいし、何でも聞くことができます。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    私の好きな場所 (2)

    日本に、(または「日本に」)好きな場所がたくさんあります。たとえば龍安寺の石庭です。朝だれもいない時、とても静かなところです。一人で石庭を拝む時ながら熟考できたら、いつも心に余裕ができます。
    私は江戸東京博物館も好きです。私は、歴史(れきし)にきょうみがあるので、とても面白いところだと思います。ボランティアガイドがいます。ガイドはとても優しくててあたまがいい人だし、英語の説明(せつめい)は分かりやすいし、何でも聞くことができます。

     

    「~にとって」は、「~から見て」におきかえられます。

    さいしょのぶんしょうを「とって」をつかってかきかえると、「私にとって龍安寺の石庭は日本のなかの(たくさんある)好きな場所のひとつです」になります。

    「とって」をつかったほかのれい : 「日本にとってヨーロッパは重要(じゅうよう)な貿易相手(ぼうえきあいて)です」 「それは私にとって大きなもんだいではない。」など。

     

    「拝む」は神社(じんじゃ)やお寺(てら)でよくつかう言葉ですが、「いのる」という意味(いみ)のほかでつかうことはすくないです。

     

    がんばってください。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More