Site Feedback

italkiに戻ってきて

はや二週間ほど。暇を見つけては外国人の方の書いた文章を添削してきました。
僕自身、母国語なのにかなりたくさん気付かされたことがあります。
その中で一つだけ、このノートを開いて下さった方に僕の思いを伝えたくて書いています。
それは、日本語を勉強することって、文法とかだけではなく、日本人の考え方への理解を深めることだと僕は思う、ということです。
日本語は英語ほど、「世界共通語」とは見なされません。日本語を勉強している皆さんが書くこと・話すことは、かなりの割合で日本人に向けてすることではないかと考えています。日本人と関わるのであれば、日本人の考え方を知っておくのは損なことではないと思います。
学位やJLPTなどの資格が欲しいと思っている「だけ」の人には当てはまらない話ですし、これまでさんざん助詞などの細かい使い分けの話をしてきた僕が言うのも、ちょっと変な話だと思われるかもしれません。でも僕は "I'm a student." を「わたしわせいとです」などと書く人のほうを、「ありがとう」の言えない上級者の人よりも応援してあげたいと思うのです(僕は「ありがとう」という気持ちを伝えることが日本人だけの考え方だと言いたいわけではありません。ただ、相手のことを理解しようという気持ちがない限り、いくら文法を覚えても相手はまともに聞こうと思わないだろうということを言いたいのです)。

どう思われますか? ぜひご意見を聞かせてください。

Share:

 

16 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More