Site Feedback

金魚がしゃっくりしない (その四)

ノッポさんが餌を買いに来なかったのは一週間からある。あの二匹の老けた金魚はもう死んでしまったに決まっていると私は思う。あきんどの空誓文という言葉もあるでしょう、私は間違いなく姦商だ。姦商だが、今は何となく自責してきた。部屋中から最も健康できれいな金魚を二匹選んで、袋の中に入れて酸素を注入してから、その袋を持って出かけた。ノッポさんにそれを贈るつもりだ。ノッポさんはやさしい人だから、いい人を騙すには罪があるので、自分の良心を悩ませたくないよ。
 玄関のベルを押すと、ドアを開けるのはなんとETさんなんだ!こっち、セールスはいらないよと言われた。「せ、セールスなんかではありません、金魚を贈りに来ただけです。」
 「金魚を贈るって、うち、金魚もいらないけど?」そう聞かれると、返答に詰まってしまった。なかなか自分のやっていることが説明できないから、彼女の前にそのまま気まずく立てて、鼻が金魚より赤くなってきたまでだ。ノッポさんはどこ?はやく助けてくれよ。
 ノッポさんはやっと門口に来て「どうして金魚を贈ってくれますか?」
 「前の二匹が死んでしまったかと思って、送りに来たのです。あの二匹は余り老けたから。」
 「死んでいないですよ。」ノッポさんは笑った。「二匹も生き生きしていますよ。安心してくださいね。」ドアが閉められたのを見て、私が袋を持ったまま、廊下でぼうっとして立っていた。
 ノッポさんがまた雨避けでこっちに来るように、毎日何やらつぶやいて雨乞いしてきた。深圳の雨季が五月だが、今はもう九月になってしまった。乾燥の空気の中に風もきわめてわずかだ。考え事がいっぱいで胸がつかえて苦しくて死んじゃいそう。
 毎晩の五時になると金魚瓶を持って道側で立ちながら、ノッポさんの退社の経路を守っている。一日、二日、三日を渡って、彼は現れたことがない。四日、五日、六日、私はまだそこに守っている。第七日!彼は遠くから歩んできている。彼は私のことを見った。「金魚屋の娘さん、今晩は!」
 「どこへ行きましたか?ずっと待っていましたよ。」
 「何か用事がありますか?」私がどもってきて、金魚瓶を彼の手に掛けた「あああげます。」
 「こんなことだけで?前にそっちで買った金魚がまだ生き生きしているといいましたのに」彼は金魚を返してくれた。「いえ、いえ、違います。また他のことがあります。」
 ノッポさんはちょっと考えてから、「手元不如意ですか?」「いいえ。」
 「お客さんを紹介させてもらいたいですか?」「いいえ。」
 「仕事をさがしたいですか?」「いいえ!」
 「ならば、どんなことでしょうか?」「あなたのことが好きです。」
 ノッポさんが私の後ろに指して、私はやっとETさんの目が声のない拳銃のように私を睨んでいることが気づいた。「見たとおり、私はもう、彼女がいますよ。」ノッポさんは言った。
 「わかっていました。あなたのことを待ってもかまいませんから。」

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    金魚がしゃっくりしない (その四)

    ノッポさんが餌を買いに来なくなって一週間ほどになる。あの二匹の老けた金魚はもう死んでしまったに決まっていると私は思う。あきんどの空誓文という言葉もあるでしょう、私は間違いなく悪徳商人だ。悪徳商人だが、今は何となく自責してきた。部屋中から最も健康できれいな金魚を二匹選んで、袋の中に入れて酸素を注入してから、その袋を持って出かけた。ノッポさんにそれをあげるつもりだ。ノッポさんはやさしい人だから、いい人を騙す心苦しいし自分の良心を悩ませたくないよ。
     玄関のベルを押すと、ドアを開けるのはなんとETみたいな女の人だった! うちはセールスはいらないよと言われた。「せ、セールスなんかではありません、金魚をわたしに来ただけです。」
     「金魚をわたすって、うち、金魚もいらないけど?」そう言われると、返答に詰まってしまった。なかなか自分のやっていることが説明できないから、彼女の前そのまま気まずく立って、鼻が金魚より赤くなってきたほどだ。ノッポさんはどこ?はやく助けてくれよ。
     ノッポさんはやっと門口に来て「どうして金魚をくれるのですか?」
     「前の二匹が死んでしまったかと思って、渡しに来たのです。あの二匹はかなり老けたから。」
     「死んでいないですよ。」ノッポさんは笑った。「二匹も生き生きしていますよ。安心してくださいね。」ドアが閉められた後も、袋を持ったまま、廊下でぼうっとして立っていた。
     ノッポさんがまた雨避けでこっちに来るように、毎日何やらつぶやいて雨乞いしていた。深圳の雨季五月だが、今はもう九月になってしまった。乾燥した空気の中に風もきわめてわずかだ。考え事がいっぱいで胸がつかえて苦しくて死んじゃいそう。
     毎晩五時になると金魚瓶を持って道側で立ちながら、ノッポさんの退社の経路を見守っている。一日、二日、三日を渡って、彼は現れなかった。四日、五日、六日、私はまだそこ見守っている。七日!彼は遠くから歩いてきている。彼は私のことを見た。「金魚屋の娘さん、今晩は!」
     「どこへ行っていましたか?ずっと待っていましたよ。」
     「何か用事がありますか?」私はどもりながら、金魚瓶を彼の手に掛けた「あああげます。」
     「こんなことだけで?前にそっちで買った金魚がまだ生き生きしているといいましたのに」彼は金魚を返してくれた。「いえ、いえ、違います。また他のことがあります。」
     ノッポさんはちょっと考えてから、「手元不如意ですか?」「いいえ。」
     「お客さんを紹介してもらいたいのですか?」「いいえ。」
     「仕事をさがしたいのですか?」「いいえ!」
     「ならば、どんなことでしょうか?」「あなたのことが好きです。」
     ノッポさんが私の後ろ指して、私はやっとETさんの目がのない拳銃のように私を睨んでいること気づいた。「見てのとおり、私はもう、彼女がいますよ。」ノッポさんは言った。
     「わかっています。あなたのことを待ってもかまいませんから。」

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More