Site Feedback

金魚がしゃっくりしない (その五)

本来は向こうの600人にその600匹金魚を売ってあげるつもりだったが、今の状況から無理になったようだ。私が忙しくなってきて、商売でもできないぐらいだから。どんなことで忙しいのか?ノッポさんを尾行するためのだ。
 朝、出勤する時に私が帽子をかぶってサングラスをかけたまま彼の跡をつけていた、ついでに、朝市でちょっとジンジャー生を買った。彼と一緒に、バスを乗ったり下りたりして、一緒に赤信号を待ち、十字路を通っていた。彼はビルに入った。そして、私が外で花と遊び始めた。花びらをむして、一枚目は好き、二枚目は好きではないを表す。で、最後の花弁で表すのはどちか。何か用事がございますかと門に立っている警備員に聞かれたと、彼氏を待っていますよと返事した。その警備員が口をゆがめ、こう思った、彼氏を待つため朝九時から来たのは見ったことがないよ。まさか順番を待つまでも必要なのか。
 正午、ノッポさんが食事をするためビルから出った。私がつるつるした花柄を揺れてノッポさんに手招きをした。ノッポさんのそのきれいな顔にちょっと不愉快な表情を現われた。「どうしてあなたがここにいますか?」
 「あなたをまっています。一緒に昼ご飯を?」「残念ですが、同僚同志と一緒にいくことにしましたから。」
 「朝から今までずっと待っていましたよ」「お店はどうですか?いつも時間いっぱいで、すごく暇があるそうですが。」
 「好きな人と一緒なら、いくら時間もありますね。」「でも、僕が言ったでしょう。もう、彼女がいるって。」
 「私も言いましたよ。あなたのことを待つって。」ノッポさんは私のことにどうしようもないから一緒に食事をしていた。食事をしていた時間のうちに、彼はずっと私を説得してみた。「バカなことはしないでね、彼女と別れないから…私をさがさないで、二度とここに来るなよ…これは最後ですよ!」
 私はそれが聞かなかったことにした。
 ノッポさんがそんなに困ったなら、ほかの方法を考えなければならないのだ。私はノッポさんが出かけていたうちにETさんと話しに行った。その朝、彼女はまだ朝寝坊をしていて、寝ぼけて目がぼんやりしていたままこういった。「何の話?知っているよ!あなたは彼のことを。ご自由にね!」
 「あなたと公平に競争したい。」「いいよ、競争しよう、小金魚ちゃん!」
 私は彼女の落ち着いた表現につまずいた感じがしたから、計画なくずるい策略を出した。「彼はずっと前から私のことが好きになったよ。彼は私と知り合うのがあなたとより早いよ。」彼女はその話にショックされたそうで、ドンと力をこめて門を閉めた。

Share:

 

3 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    金魚(は)しゃっくりしない (その五)

    本来は向こう(マンション)の600人にその600匹の金魚を売ってあげる(売る)つもりだったが、今の状況から無理になったようだ(現状では、無理そうだ)。私が忙しくなってきて(私は忙しくなってしまった。)、商売でもできないぐらいだから(仕事をする時間もないぐらいに。)どんなことで(なぜ)忙しいのか?ノッポさんを尾行するためのだ。 

     朝、出勤する時に私(は)帽子をかぶってサングラスをかけたまま彼の跡をつけていた、ついでに、朝市でちょっとジンジャー生(ジンジャーエール?)を買った。彼と一緒に、バス(に)乗ったり下りたりして、一緒に赤信号を待ち、十字路を通っていた(通った)(そして)彼はビルに入った。そして、私(は)外で花と遊び始めた。花びらをむして(むしって)、一枚目は好き、二枚目は好きではない(嫌い日本では、好きor嫌いが一般的。私も小さい頃やりましたを表す。(そして)、最後の花弁(が)表すのはどちか。

      何か用事がございますかと門に立っている警備員に聞かれたと、私は彼氏を待っていますと返事した。その警備員が口をゆがめ、こう思っただろう彼氏を待つため朝九時から来たのは(来るなんて)たことがないよ。まさか順番を待つまでも必要なのか(まさか順番を待つつもりなのか。なんの順番ですか?。 

     正午、ノッポさんが食事をするためビルから出った(出てきた)。私がつるつるした花柄を揺れて(なんの事でしょう?)ノッポさんに手招きをした。ノッポさんのそのきれいな顔にちょっと不愉快な表情を現われた。「どうしてあなたがここにいますか(いるんですか)?」
     「あなたをまっています(いました)。一緒に昼ご飯を(でも)?」「残念ですが、同僚同志と一緒にいくことにしましたから。」
     「朝から今までずっと待っていました」「お店はどうですか?いつも時間いっぱいで、すごく暇があるそうですが。」
     「好きな人と一緒なら、いくら時間もありますね。(どうゆう意味ですか?)」「でも、僕が言ったでしょう。もう、彼女がいるって。」
     「私も言いましたよ。あなたのことを待つって。」ノッポさんは私のことにどうしようもないから(しかたなく私と)一緒に食事をしていた。食事をしていた時間のうち(中)に、彼はずっと私を説得してみた(しようとしていた)。「バカなことはしないでね、彼女と別れないから…私をさがさないで、二度とここに来るなよ(来ないで)…これは最後ですよ!」
     私はそれ(を)聞かなかったことにした。
     ノッポさんがそんなに困ったなら、ほかの方法を考えなければならないのだ。私はノッポさんが出かけていた(いる)うちにETさんと話しに行った。その朝、彼女はまだ朝寝坊をしていて、寝ぼけて目がぼんやりしていた(した)ままこういった。「何の話?知っているよ!あなたは彼のことを(狙っているのでしょう?)。ご自由にね!」
     「あなたと公平に競争(勝負)したい。」「いいよ、競争(勝負)しよう、小金魚ちゃん!」
     私は彼女の落ち着いた表現につまずいた感じがしたから、計画なく(かっとなって、つい)ずるい策略を出した作戦を使った)。「彼はずっと前から私のことが好きになったよ(だったのよ)。彼は私と知り合うのがあなたとより早いよ(私の方が彼とのつきあいが長いの)。」彼女はその話にショックされたそうで(をうけた様子で)、ドンと力をこめて(ドア)を閉めた。

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More