Site Feedback

奇麗なおじぎ

 

演技の前に足を振っているスケーターを見ると、この人にいつも共感します。私は膝が振るえた感じを知っていますから。そしてこの感じを免れにくいと分かっています。私だったら、筋肉と心理的な緊張を免れられなくて、フィギュアースケートの試合で自分の演技を失敗しました。
これはアマチュアの選手権でした。その時は私の子供もフィギュアスケートをしましたから、彼等に勇気の模範を見せるようにこの選手権に出場しました。
私は練習で自分の演技に自信をもって滑りました。私の得意な様相はYスパイラルでした。これは私だけできる要素でした。
しかし、リンクの壁に近づくと、そのときまで知らなかった足の振るえた感じをしました。観客ぜんぜん気にしなくて、自分の子供だけにする演技でしたが、膝が振るえたまま滑り始めました。抜けなかった緊張はスケーティングにとても邪魔していました。簡単なツリーターンをしていたとき、普通より大きな丸をして、正しい所に戻るのは時間がかかりました。ですから、Yスパイラルの用意時間不足で、足をあげた間に転倒しました。この要素には初めて転倒したから、惜しかったです。
この経験で膝の振るえることが知りました。私は演技を上手にできませんでしたが、ソチオリンピックゲームに出場する選手は膝の振るえないようにほしいです。
でも、緊張で演技を失敗しても、私がしたみたいなきれいなおじぎを祈ります。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More