Site Feedback

狂人と天才の差異

最近、天才は左にいる、狂人は右にいるという本を読んでいます。
中国国内で初めての狂人に研究対象とした本って宣伝語を表紙に書いております。
面白くて、短い小説集合見たいですね。
例えば:ある女の子は知らない人の顔を見ると、動物の顔が現れます。
そして、その人の性格とその動物の性格がすごく似てます。
そういえば、人が動物に変えっています。なんか、不思議ですね。
女の子にテストしてあげった結果:精神的な問題があるかどうか、誰にも判断できないみたいです。
それは特別な才能だと思っています。
でも本人は多分、それが怖くて、要りたくないかな。
そのようなstory結構あります。

三人は椅子に座っています。中の老人が新聞を読んでいます。右の人がずっと魚を捕まえる動作をしています。左の人が右の人に助けて、魚が詰める動作をしています。何時間が経ってて、回りの人はその二人が変だって、警察に呼んで、警察は老人に声をかけて、その二人知ってる、老人が知ってるよと返事した、私はその二人を連れて、ちょっとここで休んでる、警察は連れて帰ってくれないかな。その二人が変だから。老人は、はいと答えたら、船を漕ぎ始めにします。
普通の人だと見えるんだけど、実は狂人ですね。でも、逆に言うと、正しいなかあ。

Share:

 

0 comments

    Please enter between 0 and 2000 characters.

     

    Corrections

    No corrections have been written yet. Please write a correction!

    Write a correction

    Please enter between 25 and 8000 characters.

     

    More notebook entries written in Japanese

    Show More